ワイズマンのお役立ち情報コンテンツ

ニュース・お知らせ紹介

市場の情報や法改正についてのニュース、
イベントや新商品リリース情報などのお知らせをご紹介します

2019年度介護報酬改定Q&A、特定処遇改善加算の疑義を15問整理 厚労省

 厚労省は4月12日、10月に控えた2019年度介護報酬改定に係るQ&A Vol.1を公表した。今回のQ&Aでは、新設される介護職員等特定処遇改善加算の疑義が15問整理されたとともに、加算に係る職場環境等要件の詳細や事務処理手順及び処遇改善計画書などの届出様式が提示された。

 疑義では、特定処遇改善加算は「現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)から(Ⅲ)までを取得していること」「介護職員処遇改善加算の職場環境等要件に関し、複数の取組を行っていること」「介護職員処遇改善加算に基づく取組について、ホームページへの掲載等を通じた見える化を行っていること」をいずれも満たす事業所が取得できることから、勤続 10 年以上の介護福祉士がいない場合であっても取得可能であると明示した。

 勤続 10 年については、勤続年数を計算するにあたり、同一法人のみだけでなく、他法人や医療機関等での経験等も通算することができ、さらに既に事業所内で設けられている能力評価や等級システムを活用するなど、10 年以上の勤続年数を有しない者であっても業務や技能等を勘案して対象とするなど、各事業所の裁量により柔軟に設定可能であるとした。また、職場環境等要件については、これまで介護職員処遇改善加算を算定するに当たって実施してきた取組をもって、本要件を満たす場合、これまでの取組に加えて新たな取組を行うことまでを求めていないと明示した。この他、加算の配分対象と配分ルールに関する改善額の計算や範囲、申請に係る法人単位の取扱いなどが整理されている。

■関連サイト: https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2019/04151130459/ksvol719.pdf

【注目記事】

骨太方針2019原案を公表、2020年度改定に向けて調剤報酬の適正化を明記  政府

ケアマネジャー試験 受験料大幅アップへ 受験者数減受け 東京、神奈川、千葉など

がんの5年生存率は67.9%、10年生存率は56.3%  国立がん研究センター

2020年度診療報酬改定において調剤報酬は大胆な改革の推進が必要と示唆 政府

薬剤師業務のタスク・シフティング、非薬剤師によるピッキングが可能と明示 厚労省

【PICK UP】
IT導入補助金2019を活用したシステム導入のご案内

国際モダンホスピタルショウ出展のご案内

◆医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)導入事例

医療法人編<医療法人社団 富家会 富家病院様 >

訪問看護編<一般社団法人慈恵会 じけいかい訪問看護ステーション様>

老健施設編<医療法人社団 英世会 介護老人保健施設カトレア様>

ニュース一覧に戻る