ワイズマンのお役立ち情報コンテンツ

ニュース・お知らせ紹介

市場の情報や法改正についてのニュース、
イベントや新商品リリース情報などのお知らせをご紹介します

がんの5年生存率は67.9%、10年生存率は56.3%  国立がん研究センター

国立がん研究センターは4月9日、全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例における部位別5年生存率、10年生存率を集計して公開した。今般、生存率は化学療法、放射線治療や早期発見技術の進歩が貢献し、徐々に改善している。

全部位全臨床病期の5年相対生存率は67.9%だった。部位別では、90%以上:前立腺(100%)、乳(93.9%)、甲状腺(92.8%)、70%以上90%未満:子宮体(85.7%)、大腸(76.6%)、子宮頸(76.2%)、胃(74.9%)、50%以上70%未満:卵巣(64.4%)、30%以上50%未満:肺(43.6%)、食道(45.9%)、肝(36.4%)、30%未満:胆のう胆道(28.0%)、膵(9.2%)などとなっていた。

他方、全部位全臨床病期の10年相対生存率は56.3%だった。部位別では、90%以上:前立腺(95.7%)、70%以上90%未満:甲状腺(84.3%)、子宮体(80.0%)、乳(83.9%)、50%以上70%未満:大腸(66.3%)、胃(64.2%)、腎(63.3%)、子宮頸(69.0%)、30%以上50%未満:卵巣(45.0%)、肺(31.0%)、食道(30.3%)、30%未満:胆のう胆道(16.2%)、肝(14.6%)、膵(5.4%)などとなっていた。

生存率の向上により、治療と仕事の両立など、がんとの共生が今後の重要な政策課題となってきた。

■関連サイト: https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0409/index.html

"

【注目記事】
介護医療院の開設状況、1年前に比べて施設数・病床数ともに10倍超に 厚労省

全がんの5年生存率が66.1%に、前回集計と比べ0.3ポイント上昇 国立がん研

介護分野の指定申請・報酬請求・指導監査の関連文書に係る負担軽減を検討 厚労省

介護分野の就業意識や就業実態を把握した就業意識実態調査結果を公表 NCCU

個人単位の被保険者番号を活用した医療等分野のデータ連結を検討 厚労省

【最旬トピックスを深堀り/毎月1日更新/NEWS LETTER[メルタス]】
8月号【2019年度増税対応のポイント】

【PICK UP】
介護医療院対応!電子カルテシステム

バイタル機器やAIスピーカーで、測定結果を自動入力

お客様ご紹介キャンペーン(2019年7月1日~2020年3月31日)

"

ニュース一覧に戻る