ワイズマンのお役立ち情報コンテンツ

ニュース・お知らせ紹介

市場の情報や法改正についてのニュース、
イベントや新商品リリース情報などのお知らせをご紹介します

薬剤師業務のタスク・シフティング、非薬剤師によるピッキングが可能と明示   厚労省

厚労省は4月2日、「調剤業務のあり方について」と題する通知を発出して、非薬剤師が実施可能なピッキング業務などの具体的な業務内容を明示した。

今回の薬剤師業務のタスク・シフティングは、薬局ビジョンに掲げる薬剤師の対人業務へのシフトを促す観点から、医薬品の品質の確保を前提として対物業務の効率化を図る目的があり、今回、非薬剤師の行える業務内容が明文化された。

具体的には、薬剤師の指示に基づく、当該薬剤師の目が届く場所で薬剤師以外の者が行う処方箋に記載された医薬品の必要量を取り揃える(ピッキング)行為、及び当該薬剤師以外の者が薬剤師による監査の前に行う一包化した薬剤の数量の確認行為を、薬剤師以外の者に実施させることが可能だとした。

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/content/000498352.pdf

【注目記事】
2019年度介護報酬改定Q&A、特定処遇改善加算の疑義を15問整理 厚労省

骨太方針2019原案を公表、2020年度改定に向けて調剤報酬の適正化を明記  政府

ケアマネジャー試験 受験料大幅アップへ 受験者数減受け 東京、神奈川、千葉など

がんの5年生存率は67.9%、10年生存率は56.3%  国立がん研究センター

2020年度診療報酬改定において調剤報酬は大胆な改革の推進が必要と示唆 政府

【PICK UP】
IT導入補助金2019を活用したシステム導入のご案内

国際モダンホスピタルショウ出展のご案内

◆医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)導入事例

医療法人編<医療法人社団 富家会 富家病院様 >

訪問看護編<一般社団法人慈恵会 じけいかい訪問看護ステーション様>

老健施設編<医療法人社団 英世会 介護老人保健施設カトレア様>

ニュース一覧に戻る