電子カルテとは

電子カルテシステムERのメリット

院内の情報連携、介護部門との情報共有の実現で、業務効率の改善と業務品質の向上に貢献します。

当社の電子カルテを導入することで得られるメリットをまとめてみました。

電子カルテのメリット

メリット1 医療の質が向上

診察情報のリアルタイムな共有により、チーム医療が実現

診療記録(SOAP)が読みやすい

手書きに比べて文字が読みやすいため、読み間違いや転記ミスから発生する医療事故の防止につながります。
また、レントゲン画像などの取り込みもできるため、より詳細な情報を記録・共有することができます。

薬剤情報やオーダーチェック機能で診療を支援

投薬オーダーを出す際に薬の情報を閲覧できることや、薬剤に対し不足している病名があった場合や投与限度量を超える場合のアラーム機能などによって、より安全な医療の提供が可能になります。

同時に複数の医師やスタッフがカルテを参照できる

電子カルテは各パソコンにデータが保管されているため、複数の医師やスタッフが離れた場所からでも同じ診療情報を参照し、診療計画の検討や、患者の状態把握を行うことができます。

法人内の介護施設や事業所との情報共有ができる

医療・介護連携サービスMeLL+を使えば、患者のカルテ情報や病院内での情報を、法人内の介護施設や事業所と共有でき、スムーズな医療・介護連携が可能になります。

メリット2 患者様の満足度が向上

電子カルテによる管理で、待ち時間が大幅に短縮

情報が均一化され、医師が変わっても安心して診察・治療を受けられる

電子カルテで入力情報に不備や漏れがなくなれば、情報が均一化されます。結果、以前とは別の医師が診察・治療する際でも、紙カルテの場合よりわかりやすく引き継がれ、安心して診察・治療を受けることが可能になります。

待ち時間の短縮

病院側の作業が効率化されることで、診察や薬剤処方などの待ち時間が短縮。患者様のストレスも軽減されます。

患者様とのコミュニケーションに時間を割ける

電子カルテの導入により、医師は紹介状や診断書など各種書類の作成時間を短縮できます。その分、カルテ画面を見せながら丁寧に説明するなど、患者様のために時間を取って、診察ができるようになります。

メリット3 業務効率が向上

診察情報のリアルタイムな共有により、チーム医療が実現

他部門の記録を引用できるため、転記作業が軽減される

部門を問わず記録の参照や引用ができるため、転記する際の作業が大幅に軽減されます。

オーダーや他部門記録のコピーができる

過去のオーダーをそのまま出すこと(Do指示)や異なる部門での記録をコピーできるため、効率的なオーダーや記録につながります。

部門システムとのデータ連携が容易

各部門でのシステムとデータ連携ができるため、院内情報の一元管理が可能になります。

電子カルテのデメリット

電子カルテの導入にはメリットばかりではありません。デメリットもしっかりと把握した上で、導入を決めることが大切です。もちろん、当社ではこうしたお客様の不安を少しでも取り除けるよう、最大限のサポートをお約束いたします。

デメリット1 操作に慣れるまでに時間を要する

電子カルテには様々な機能が備わっており、操作に慣れるまでにある程度の時間を要するケースがあります。そのため、スタッフ全員が使いこなすまでは想定以上にコストがかかってしまうことも考えられます。

ワイズマンなら!

電子カルテシステムERは、カルテ2号紙をイメージした画面構成になっています。
パソコン操作に不慣れなお客様でも、紙カルテと同じような感覚で簡単にお使いいただくことができます。また、導入前に実際の業務に沿った形でデモンストレーションを行い、導入後も操作説明やトラブル対応などきめ細やかなサポートでお客様を支援いたします。

デメリット2 停電時は使用不可

電子機器で構成されているため、停電や電力供給が不安定な中では利用できません。

ワイズマンなら!

お客様に製品を安心して快適にご利用いただくために、北海道から九州まで全国にサポート拠点を展開。稼働後、トラブルが発生しても現地スタッフによる素早い状況把握と迅速な対応を行います。

デメリット3 月々の運用コストが掛かる

電子カルテは、導入費用に加え、月々の運用コストも必要になります。

ワイズマンなら!

施設の導入規模やシステムの導入形態、連携するシステムによって料金が異なります。お客様の現状やご要望をお伺いし、無理のない範囲で最適なご提案をいたします。料金が気になるという方は、ぜひお見積りをご依頼ください。

デメリット4 紙カルテよりセキュリティに不安がある

電子カルテは機械のため、「故障やウィルス感染するとデータが消失してしまうのでは?」と心配される方も多いと思います。

ワイズマンなら!

電子カルテシステムERは院内にサーバを設置したオンプレミス型を採用しているため、 ウィルスの感染や個人情報の漏洩といったリスクを抑えられます。

電子カルテのセキュリティ対策

ワイズマンの電子カルテシステムERは病院内にサーバを保有する「オンプレミス型」です。オンプレミス型はネットワーク上のデータセンターへアクセスして必要な情報を取得する「クラウド型」に比べ、高機能かつ多機能で 高いセキュリティ性を持ちます。ここでは、オンプレミス型の特徴などをご紹介します。

オンプレミス型の導入方法

電子カルテメーカーに依頼してサーバを購入、設置するのが一般的な流れです。導入までに数ヶ月準備を行い、サーバやパソコン、ネットワーク機器の購入など、初期費用が必要となります。

オンプレミス型の機能面

サービスの歴史が長く、高機能かつ多機能な点が魅力です。検査システムをはじめ様々なシステムとの連携機能が多く搭載されています。

オンプレミス型のコスト面

初期費用としてサーバ、ハードウェア、ソフトウェア、オプション・連携、導入設定などが発生します。その後もメンテナンスの実施による保守費用やサーバの買い替え、ソフトウェアのバージョンアップなどの更新費用が別途かかります。

オンプレミス型のセキュリティ面

院内専用のネットワークでシステムを構築できるため、高いレベルのセキュリティ対策がとれます。しかし、システムアップデートは一定期間ごとに手動で行う必要があり、システムに不具合があった場合には担当者が来院するまでシステムが止まってしまう場合もあります。また、停電が発生した場合には、カルテが読み込めないケースに陥るため、緊急事態が起こることを想定して、診療録などは、バックアップを取っておく必要があります。

まとめ

オンプレミス型であるワイズマンの電子カルテシステムERは、機能面としては他部門システムとの連携で情報を一元化させ、院内業務の効率化を実現。加えて、医療だけでなく、介護・福祉システムとの連携にも対応。現場での情報一元化のニーズに応えています。
セキュリティ面では総務省から安全・安心の介護ソフトとして国内で初めて認定を得るなど、セキュリティの技術は業界内でも高い評価をいただいています。こうした万全なセキュリティ対策を施し、お客様のデータをお守りします

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、
お客様のご要望に応じて専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。