シンプルで使いやすさにこだわった療養型・ケアミックス病院向け電子カルテシステムER

介護医療院【記録から請求まで対応!】

ワイズマンは電子カルテを中心とした部門システムとのシームレスな連携により
医療から介護部門まで院内のICT化を総合的にご提案します

他社システムとの連携で情報を一元化
他社システムとの連携で情報を一元化

電子カルテシステムERは、部門システムとのシームレスな連携が可能ですので、「他部門との連携が課題」といったお客様も、安心して導入いただけます。お客様の運用や導入形態に合わせて、院内のICT化を総合的にご提案します。連携する他社システムの詳細につきましては、「くわしく見る」ボタンよりご確認いただけます。

医療・介護間の情報共有でさらに便利に
医療・介護間の情報共有でさらに便利に

医療だけでなく、介護現場での情報一元化のニーズに応えるべく、電子カルテシステムERは介護・福祉システムとの連携にも対応しています。介護スタッフへの情報提供によって、それぞれでの業務効率化を図ることができます。

  • 介護・福祉システムとの連携には、「医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)」を導入いただく必要がございます。

シンプルで見やすく、使いやすい電子カルテシステムER

画面キャプチャ:カルテ画面
カルテ画面
カルテ2号紙をイメージした画面構成

「見やすい」「使いやすい」電子カルテシステムERは、直感的に操作いただけるように、カルテ2号紙をイメージした画面構成となっています。診療スタイルに合わせてカスタマイズできる拡張性も、特徴のひとつです。また、1画面に多くの情報が集約されているため、確認したいことをすぐに参照できます。

画面キャプチャ:諸記録
諸記録
各部門毎に、自由なフォームで諸記録テンプレートの作成が可能です。また、医師のオーダー情報や確認情報(オーダー時のアラーム)も、合わせて1画面で確認できます。
画面キャプチャ:患者分類評価
患者分類評価
療養病棟に入院している患者様の、日々の医療区分評価やADL区分評価の入力・参照が行えます。また、患者分類評価の入力情報を基に、評価の得点を集計し出力できます。
画面キャプチャ:検査結果
検査結果
診療経過や前回の検査結果、薬剤情報などを表示しながら患者様に説明することができますので、インフォームドコンセントにつながります。
画面キャプチャ:オーダーカレンダー
オーダーカレンダー
カレンダー形式でオーダー情報を分かりやすく表示します。参照だけでなく、新規オーダーの入力や食事や外泊などの入院基本部分のオーダーの入力も可能です。
画面キャプチャ:定期処方
定期処方
複数オーダーを選択し、一括でDo実行ができるため、定期処方の再オーダーをより簡単に行うことができます。投薬の他、注射やエックス線などのオーダーにも対応します。
画面キャプチャ:患者メモ
患者メモ
患者様の重要なメモがある場合は、診察を開始するタイミングで患者メモ画面が自動で起動するので、確認漏れを防ぎます。受付画面などでも自動表示が可能です

療養型・ケアミックス病院にフィットする電子カルテ
患者様の情報一元化で業務効率もアップ!

電子カルテシステムERを導入したことによる効果についてご紹介します

診察情報のリアルタイムな共有により、チーム医療が実現
診察情報のリアルタイムな共有により、チーム医療が実現

電子カルテ導入後は、紙カルテ使用時には不可能だった、各部門への診察情報のリアルタイムな共有が可能になりました。部門間スタッフの連携も強化され、患者様へのより質の高い治療やサービスの提供につながっています。

電子カルテによる管理で、待ち時間が大幅に短縮
電子カルテによる管理で、待ち時間が大幅に短縮

受付や診察を紙ベースで管理していたときに比べ、電子カルテを導入してからは各業務を非常にスムーズに進められるようになり、患者様の待ち時間が大幅に短縮されました。回転率が上がったことから、病院の駐車場難や待合室の混雑問題の改善というメリットも生まれました。

要点が容易に伝達できることで、申し送りに費やしていた時間が激減
要点が容易に伝達できることで、申し送りに費やしていた時間が激減

カルテが時系列で見やすいことや、要点をまとめた付箋を看護記録上のカーデックスに貼り付けられることから、申し送りが無くても困らないような環境になりました。

その他にも、電子カルテシステムER導入により
様々なメリットが生まれています

  • 看護師や療法士の持っている情報、医療相談員の持つ患者様の家庭環境の情報など、多くの情報を統合的に参照できるようになりました。患者様の状態を正確に評価でき、その認識を全スタッフで共有しながら機能回復を進めることが可能になりました。(医療法人 弘遠会 すずかけヘルスケアホスピタル 理事・院長 久野 智彦 先生)

  • 患者様に関わるすべての情報が電子カルテを介して収集でき、提供資料の作成が効率的に行えています。業務合理化が推進され、退院調整もスムーズに進むようになりました。(医療法人 健救会 柳澤病院 地域連携相談室長 加藤 綾子 様)
  • 実施漏れを防ぐための伝票チェックなど、煩雑な作業がなくなりました。また、患者記録は電子カルテの看護記録欄に入力するようになったため、手書き作業が大幅に減りました。(所沢肛門病院 看護師長 平野 容子 様)

  • 再診の患者様へのオーダーが早く簡単に行えるようになり、過去のカルテ情報も探しやすくなりました。また、情報がスムーズに共有できるようになったと感じています。(医療法人社団博慈会 青葉さわい病院 理事長 澤井 博司 先生)

ワイズマンの電子カルテは全国の療養型・ケアミックス病院を中心に
220件以上の導入実績!

ワイズマンの電子カルテは全国の療養型・ケアミックス病院を中心に220件以上の導入実績!

ワイズマンはお客様の電子カルテ導入に向けて、丁寧かつ親身に対応いたします

お問い合わせ
1ヒアリング・導入設計
ヒアリング・導入設計
綿密な時間をかけた各部門へのヒアリング
ご検討中の製品や、ご要望に加えて、各部門が抱える課題等を細かにヒアリングし、お客様へのご提案内容を検討します。
ヒアリング・導入設計
病院の規模や運用形態に応じた導入設計
目の前の課題解決はもちろんのこと、末永くご愛用いただくために将来的な理想や拡張を実現するための導入計画をお客様と一緒に練り上げます。
2ご提案・デモ実演
ご提案・デモ実演
病院のニーズに合わせたご提案
ヒアリング内容をもとに、病院のニーズに合わせた導入システムや、最適な運用プランをご提案します。
ご提案・デモ実演
実際の業務に合わせた分かりやすいデモ説明
受付、カルテ・オーダー入力、オーダー実施、会計といった、実際の業務に沿った形でデモンストレーションを行います。
3ご契約
環境構築・本稼働

ワイズマンはつねにお客様の目線に立ち、万全のサポート力で支援します

ワイズマンはつねにお客様の目線に立ち、万全のサポート力で支援します
  • 全国対応
  • 確かな実績
  • 導入
    サポート
  • 操作
    サポート
  • トラブル
    サポート
  • 有益な
    情報提供

ワイズマンのきめ細やかなお客様対応は高い評価をいただいております。
製品を末永く快適にご利用いただくために、専門性あるスピーディかつ丁寧なサポートで対応します。

電子カルテシステムERのよくあるご質問

  • 電子カルテ導入にあたって、本当に必要なのか、どのメーカーのものを選べばよいか悩んでいます。

    大切なお客様のパートナーとして、システム検討段階から製品の必要性を含めて一緒に考えます。
    今ある課題の整理、段階的な導入の準備、業務形態に合わせたご提案など親身になって対応いたしますので、まずはメールやお電話でお気軽にご相談ください。
  • パソコン操作に慣れていないため、問題なく使えるか不安です。

    ワイズマンの電子カルテシステムERは、カルテ2号紙をイメージした画面構成になっています。パソコン操作に不慣れなお客様でも、紙カルテと同じような感覚で簡単にお使いいただくことができます。
  • 法人内の病院と介護施設・事業所との間で、患者様の情報共有をよりシームレスに行いたいと考えています。

    医療・介護連携サービスMeLL+(メルタス)をお使いいただくことで、法人内での情報共有や多職種スタッフ間でのコミュニケーションが可能になります。また、法人を超えて、地域の病院や介護施設・事業所との情報共有も実現できます。