医療法人 誠和会 牟田病院 院長 牟田 和男 先生

医療向け製品 導入事例

医療法人 誠和会 牟田病院
院長 牟田 和男 先生

医療部門と介護福祉部門をトータルでサポートできると考え、電子カルテシステムERを選択しました。

  • 導入前:Before
    • 一部業務のみのシステム化にとどまっており、情報の活用や診療業務全体のパフォーマンス向上に至らなかった
    • 伝票転記の事務作業や手書きによる確認作業の手間など、業務効率が悪かった
    • 用紙・印刷代やフィルム代、医療事務員の業務委託費用など、多額の経費がかかっていた
  • 導入後:After
    • 業務効率が大きく改善し、スタッフが情報を多角的に見て判断できるようになり、診療の質が向上した
    • システムの導入により経費のコストダウンにつながった
    • IT化の促進によりスタッフが先進性を感じるようになり、モチベーションが高まった

導入の背景

当院でも、IT化の必要性は感じつつも、取り組みはあまり進んでいませんでした。2006年にIT化の先駆けとして看護支援システムを導入し、病棟看護業務の多少の効率化を実現しました。

けれども、一部の業務のシステム化にとどまっていたために、情報の活用や診療業務全体のパフォーマンス向上までには至っていませんでした。将来的にフルオーダーを目指していたため、改めて病院のIT化プロジェクトを進めることを決め、電子カルテシステムを中心とした病院のIT化に踏み切りました。

選定の決め手

電子カルテシステムの利用実態を理解するために、他県の同規模病院を視察して回りました。その中で前提条件としたのが、

  • ・(1)医療部門と介護福祉部門の両方で情報共有できるシステムであること。
  • ・(2)専任のシステム要員を置かなくても運用が可能なシステムであること。

の2つでした。
地域住民に対して医療から介護まで一貫したケアサービスの提供を志向してきているため、医療部門で蓄積した患者情報を、その後の介護サービスでもシームレスに活用できる一貫したシステムが望まれました。ワイズマンは介護系システムのノウハウ、実績があり、1つのシステムで医療と介護の両方の業務をサポートできるのではないかと考え、4社の製品を検討した結果、ワイズマンの電子カルテシステムを中心としたパッケージシステムを導入することに決定しました。

導入後の効果

紙カルテで運用していた時は、処方や部門への指示を看護師が各種伝票に転記しており、診療・看護業務以外の作業に多くの時間が費やされていました。また手書き文字が判読できずに確認作業に手間取る、起票でミスをする、などのトラブルがありました。
そのような負担がなくなり、業務効率が大きく改善したことが導入効果としてあげられます。
また、それぞれの診療スタッフが、情報を多角的に見て判断できるようになったことは、診療の質向上にも寄与しています。

コスト面においては、以前は紙カルテをはじめ多くの伝票類を使用していたため、用紙・印刷コストだけで年間300万円を超えていましたが、電子カルテ、オーダリングの導入より、伝票や帳票がほとんど不要になり、経費が大幅に削減されました。同様に医用画像のフィルムレスにより、年間約600万円かかっていたフィルム代もなくなりました。さらに、同病院では医療事務を業務委託していますが、レセコンに手入力していた作業量が大きく削減されたことにより、委託経費を従来の50~60%まで抑制できたことも大きいです。

一気にIT化を進めたことで、病院の施設や提供する医療に対してスタッフが先進性を感じるようになり、自然と職員のモチベーションも高まりましたね。

お客様から

現在新病棟の建築計画を進めています。そこでは無線LANを導入してモバイル端末を駆使した回診、投薬チェック、病室でのバイタルデータの投入など、さまざまなシステム拡張を目指しています。より運用効率の高い医療システム環境を構築するとともに、将来的には社会福祉法人が運営する施設など誠和会グループ全体でのシステム連携も図っていきたいですね

医療法人 誠和会 牟田病院

医療法人 誠和会 牟田病院

医療法人 誠和会 牟田病院様は、福岡市の商業中心地・天神から南西約4kmの市街地にあり、「より暖かく、より確かな医療と福祉を地域住民に」をモットーに、近隣地域を中心に医療・福祉サービスを提供している病院です。
地域住民のホームドクターという立場で、予防医学を含めた医療、看護、介護サービスまで一貫したケアを提供しています。時代の流れとともに変化している患者様や職員のニーズに対応するために、病院改革の一環として、電子カルテシステムの導入をはじめとする院内のIT化に取り組んでいます。

福岡県福岡市早良区干隈3丁目9番1号

http://www.seiwakai-muta-hp.or.jp/

病床数

163床(一般病床 60床、療養病床 60床、回復期リハビリテーション病床 43床)

診療科目

内科/小児科/胃腸科/循環器科/神経内科/泌尿器科/外科/整形外科/リウマチ科/リハビリテーション科

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、
お客様のご要望に応じて専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。