• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

医療法人 来光会 / 社会福祉法人 来光会 尾洲病院 様

理事長 𦚰田 久 先生

高齢者医療のために介護施設との連携が重要と考えました。それがワイズマンの電子カルテを選択した理由です。

医療法人 来光会 / 社会福祉法人 来光会 尾洲病院 様

理事長 𦚰田 久 先生

関連製品

ページの先頭へ戻る

導入の背景

毎日の診療において発生する情報をうまく活用することで、患者様一人ひとりにあわせた治療・看護・介護が提供できれば・・・そう考えたのが導入のきっかけでした。
電子カルテシステムを使えば、患者様へ提供できる診療情報の量や質は今まで以上に充実すると思います。

そうすれば、患者様にも納得のいくサービスが提供できますので、医療の質や患者満足度の向上につながると考えました。
また、システム化の大きなメリットは情報をデータとして蓄積し利用できることだと思います。患者様の情報や、薬剤、材料などのモノ情報を結び付けることで病院経営の効率化につなげられればと思いました。

ページの先頭へ戻る

選定の決め手

今、様々なところで病診連携や病病連携の重要さが言われていますが、これからの高齢化社会を考えたときに病院と介護・福祉の各施設との連携はもっと重要になってくると思います。
私たち来光会は、基幹である尾洲病院をはじめ老人保健施設ピエタ、訪問看護ステーション和み、エブリデイデイサービスセンター、在宅介護相談センター、介護老人福祉施設いわと、ケアハウスいわとなど、医療から介護、福祉まで一貫したサービスを展開しています。このような事業展開の中で視野に入ってくるのは関連施設との連携です。

医療と福祉の情報を法人全体で活用し、今よりもっとスムーズな情報共有、連携ができれば、業務は効率化され、患者サービスはもっとよくなると思いました。

ページの先頭へ戻る

導入後の効果

今までよりも福祉施設や介護施設との連携がスムーズにやりとりが行えるようになりました。私たちの病院は高齢の患者様が多いので、病院から福祉施設へ入所される患者様や、福祉施設から病院へ入院される患者様がたくさんいます。

そのような患者様の診療情報やアセスメント情報を共有できることで、受診歴や検査履歴などが閲覧でき、診断・処置・処方などの目安にできるようになりましたね。
また、ワイズマンの電子カルテシステムは医療保険・介護保険の両方に対応しているので、介護保険の患者様へのオーダーも簡単に行えるようになりました。
また今までは、カルテの搬送業務、指示書やワークシートへの転記作業などが頻繁に発生していましたが、電子カルテを導入してからは転記ミスも解消され、時間や労力のコストロス、レセプト請求漏れなども少なくなりました。

ページの先頭へ戻る

お客様から

今後は情報共有のツールとしてはもちろんのこと、法人内でのコスト管理のツールとして活用していきたいと考えています。診察・処方・検査などの診療記録や、看護、介護の記録、そして医療資源である材料や薬剤の消費動向を情報として蓄積し、法人全体での物流管理やコスト管理ができればよいと思います。患者様一人ひとりに付与される情報は多いですからね。それらの情報をデータとして蓄積し資源として活用していくことで、病院経営、法人内経営が効率化されていけばよいなと思います。

ページの先頭へ戻る

ユーザープロフィール

医療法人 来光会 / 社会福祉法人 来光会 尾洲病院

医療法人 来光会 / 社会福祉法人 来光会 尾洲病院

医療法人来光会尾洲病院様は全床が療養病床で、法人内で療養型病院、老人保健施設、老人福祉施設、各居宅サービスをトータル的に運営している、全国でもまだ数少ない病院です。特にも高齢者医療に力を入れ、医療から介護、福祉まで一貫したサービスを提供しています。

病棟数
132床
住所
愛知県一宮市浅井町小日比野字新太37番地
URL
http://www.raikoukai.or.jp/bisyu.html
診療科目
内科・外科・眼科・耳鼻咽喉科・整形外科・皮膚科・呼吸器科・循環器科・消化器科・小児科・肛門科・リウマチ科・リハビリテーション科・放射線

製品カテゴリから探す

医療・介護連携サービス MeLL+ :メルタス

100床から200床規模の病院やクリニックに豊富な導入実績のワイズマンの「電子カルテシステムER」は中小規模病院にフィットしたワンパッケージ電子カルテシステムです。

『 電子カルテシステム ER 』 は
全国で 190件 を超える導入実績。
見やすい、使いやすい、充実した機能で導入医療施設 全国拡大中です。

※2016年1月現在


ページの先頭へ戻る