2020.02.17
お知らせ

社会福祉施設等における新型コロナウイルスへの対応、感染対策を通知     厚労省

厚労省は2月13日、新型コロナウイルス感染症の国内感染が広がりつつある中、社会福祉施設等における対応について通知した。通知では、社会福祉施設等の職員が新型コロナウイルスについて正しい認識を持つとともに、感染対策マニュアル等を通して、基本的な感染症対策を含めた共通理解を深めるよう求めている。

高齢者介護施設においては、風邪やインフルエンザ同様に、まずはマスク着用を含む咳エチケットや手洗い、アルコール消毒等により、感染経路を断つことが重要である。職員や高齢者はもとより、面会者や委託業者等、職員や高齢者と接触する可能性があると考えられる者も含めて、「高齢者介護施設における感染対策マニュアル改訂版」等を参照の上、上記の対応を行う必要がある。

なお、「高齢者介護施設における感染対策マニュアル 改訂版」では、施設長(管理者)と施設の職員に対して感染対策のために必要なこととして以下を求めている。高齢者介護施設に限らず、医療機関等においても同様の対応策が重要である

【施設長(管理者)】

⚫ 高齢者の特性、高齢者介護施設の特性、施設における感染症の特徴の理解

⚫ 感染対策に対する正しい知識(予防、発生時の対応)の習得

⚫ 施設内活動の着実な実施(感染対策委員会の設置、指針とマニュアルの策定、職員等を対象とした研修の実施、設備整備等)

⚫ 関係機関との連携の推進(情報収集、発生時の行政への届出等)

⚫ 職員の労務管理(職員の健康管理、職員が罹患したときに療養に専念できる人的環境の整備等)

【施設の職員】

⚫ 高齢者の特性、高齢者介護施設の特性、施設における感染症の特徴の理解

⚫ 感染症に対する基本的な知識(予防、発生時の対応、高齢者が罹患しやすい代表的な感染症についての正しい知識)の習得と日常業務における感染対策の実践

⚫ 自身の健康管理(感染源・媒介者にならないこと等)

■関連サイト: http://www.roken.or.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/vol.759.pdf

【注目記事】
2019年度版の高齢社会白書、高齢化率は28.0%、うち後期高齢者は14.2%   政府

2020改定のスケジュールと改定に当たっての基本認識や方向性などを例示   厚労省

2020改定審議、重症度の見直し、オンライン服薬指導や情報共有の評価     厚労省

2020年度診療報酬改定の基本方針骨子案、働き方改革の推進を強調     厚労省

介護データベース「CHASE」、2020年度の稼働を目指し、今後の課題を整理 厚労省

【医療・介護の業界トレンドニュースまとめ】

2020年度診療報酬改定の方向性

【PICK UP】
ICT導入支援事業の補助要件の標準仕様に対応

【NEW】すぐろくケアマネ/タブレットでケアマネジャーの訪問業務を支援!

2020年診療報酬改定 関連記事一覧


現場で感染拡大防止に取り組む医療・介護従事者の皆様へ

ワイズマンは、現場で感染拡大防止に取り組む医療・介護従事者の皆様を支援する為に、感染拡大が終息するまでの一定期間(※)、MeLL+community(メルタス・コミュニティ)/MeLL+family(メルタス・ファミリー)の2製品を無償提供させて頂きます

この機会にぜひご活用ください。※お申込み及び無償利用の期間は2020年4月1日~9月30日までとさせて頂きます。

20200312TOP_Sバナー.gif