2020.02.17
お知らせ

要介護認定を行う調査員の要件に、実務経験5年以上の専門家等を追加    厚労省

厚労省は2月3日、令和2年4月からの要介護認定制度の改正案に関する通知を行い、要介護認定を行う調査員について新たに「保健、医療または福祉に関する専門的知識を有する者」を追加した。

具体的な要件として、認定調査員研修を修了し、「介護保険法施行規則第113条の2第1号または第2号に規定される者で、介護に係る実務経験が5年以上である者」または「認定調査従事した経験が1年以上である者」と規定された。

■関連サイト: http://www.roken.or.jp/archives/18557

【注目記事】
2019年度版の高齢社会白書、高齢化率は28.0%、うち後期高齢者は14.2%   政府

2020改定のスケジュールと改定に当たっての基本認識や方向性などを例示   厚労省

2020改定審議、重症度の見直し、オンライン服薬指導や情報共有の評価     厚労省

2020年度診療報酬改定の基本方針骨子案、働き方改革の推進を強調     厚労省

介護データベース「CHASE」、2020年度の稼働を目指し、今後の課題を整理 厚労省

【医療・介護の業界トレンドニュースまとめ】

2020年度診療報酬改定の方向性

【PICK UP】
ICT導入支援事業の補助要件の標準仕様に対応

【NEW】すぐろくケアマネ/タブレットでケアマネジャーの訪問業務を支援!

2020年診療報酬改定 関連記事一覧