• 地域包括ケアシステムとは

医療・介護ニーズが高まる中で
安心して住み続けられる地域づくりをめざして

地域包括ケアシステムとは

MeLL+family (メルタスファミリー)

地域や自治体で住まい・医療・介護・予防・生活支援が
一体的に提供される、それが地域包括ケアシステムです

医療や介護ニーズのさらなる増加が見込まれる2025年以降への対応

厚生労働省の発表では、65歳以上の人口が3,000万人を越えており、2042年には3,900万人でピークを迎え、その後も75歳以上の人口が増加し続けるといわれています。

そのため厚生労働省は、団塊の世代約800万人が75歳以上となる2025年をめどに、可能な限り住み慣れた地域で、高齢者が尊厳を保ち、自律した自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制=地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

地域包括ケアシステムは、住み慣れた地域で、
安心して暮らし続けられる社会づくりをめざします

地域包括ケアシステムは、住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられる社会づくりをめざします

地域や自治体の特性に応じて、高齢者の暮らす住まいを中心として、医療と介護・福祉、介護予防、生活支援が相互に連携することで、高齢者の一人ひとりが尊厳を保ち、自律した暮らしを過ごせるよう支援することが、地域包括ケアに求められる理念です。

ワイズマンの地域包括ケアシステムへの取り組み

今後わが国は、高齢者数に対して現役世代の割合が減少していくことで、より少ない医療・介護従事者で、高齢者をはじめとした支援を必要とする人々を支えていかなくてはなりません。その結果、今よりも医療・介護を必要とされる多くの方々が在宅で過ごすようになり、病院を退院した方が再び病院に戻るケースも増えていくと想定されます。

その様な移動が増えていくと、医療・介護事業所間での患者・利用者様に関する情報の共有がより一層大切になって参ります。一人の方を診ていく中で、医療保険から介護保険に切り替わるタイミングで、あるいは利用しているシステムの違いによって、その方の情報が分断されない様にしていかなければなりません。

一人の患者・利用者様を支える医療・介護従事者間で、その方の情報をICTを用いて繋ぐことで、今までですと一からその方について「聞き取り」を行っていたケースが、事前に情報を把握することで最低限の「確認」で済む様になります。本当に直接聞く必要があることをじっくり聞くことができる、それこそが本来あるべき多職種連携の姿ではないでしょうか。

そうした時間を創り出すことが、医療・介護に従事する皆様をICTで支えてきた私どもワイズマンが、地域包括ケアシステム実現に向けて提供できる価値だと考えております。

今後は医療・介護従事者だけでなく、地域包括ケアに関わる方々が皆繋がることが出来る仕組み、人と人とが出会える仕組みを作っていきたいと考えております。そうしたソリューションを通じて、患者・利用者様・そのご家族が笑顔で安心して暮らせる地域社会の実現に貢献していくことで、地域包括ケアシステムになくてはならない企業を目指して参ります。

ワイズマンは地域包括ケアシステムをトータルサポートします

医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)

ワイズマンの医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス) は、医療・介護間の「情報共有」と「コミュニケーション」をサポートして患者様・利用者様のケアの質向上に貢献し、理想的な医療・介護連携/地域包括ケアシステムの実現をサポートします。

MeLL+(メルタス)はこちら

ワイズマンが地域包括ケアシステムに貢献する4つのポイント

医療と介護・福祉の連携に強いワイズマンだからこそ
地域包括ケアシステムを実現する価値あるソリューションをご提案いたします

  • 患者様・利用者様情報を正確かつスピーディに共有することでケアの質向上に貢献します

  • 医療と介護の垣根を越えたシームレスな情報連携で切れ目ないサービスに貢献します

  • 様々な現場や多職種スタッフが気軽にコミュニケーションできる環境づくりに貢献します

  • 地域や自治体の特性に合わせたシステム構築により地域包括ケアに貢献します

ワイズマンの医療・介護連携サービスに、
お客様から高い評価の声をいただいています。

医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)

医療・介護連携サービス/地域包括ケアシステム

医療と介護が手を取りあい、地域の一人ひとりを支える。MeLL+(メルタス)で、理想的な医療・介護連携/地域包括ケアシステムの実現をサポートします。