多摩たんぽぽ介護サービスセンター 取締役 千葉 信子 様

介護・福祉向け製品 導入事例

多摩たんぽぽ介護サービスセンター
取締役 千葉 信子 様

所在地の離れた事業所間でも情報共有できて役立っています。

  • 導入前:Before
    • 居宅支援・訪問看護・訪問介護など、複数の事業間の一元管理や情報共有が求められていた
    • データのバックアップに不安があった
  • 導入後:After
    • 事業を拡大するごとにソフトを増やすことで、離れた事業所間でも情報共有でき、すべてをトータル的に管理できるようになった
    • 何か困ったときにワイズマンがデータ保存してくれているという安心感が得られた

24時間サービスを届けられるスタッフ力と利用者さん主体のサービス提供がポイント

私たちは2000年3月に訪問看護からスタートした事業所です。
丸10年経ちまして、現在は居宅支援、訪問看護と訪問介護、通所介護、介護タクシーと有料老人ホーム(住宅型)の事業を行っています。一昨年の2月に、武蔵野市に居宅と訪問看護と訪 問介護を行う『たんぽぽ居宅支援むさしの』を開設しました。
職員は全体で約110名、利用者さんは約800人。24時間在宅生活を支援する安心と、病気と年齢に垣根なくサービスを届けられるスタッフ力、またデイサービスでは利用者さんご本人にご自分の出番があるサービス(音楽療法、カラオケ、囲碁将棋など)の提供をポイントにしています。

各部門業務の一元管理とバックアップの安心感がメリット

ワイズマンとのお付き合いは開業2年目ごろからになります。
以後、事業を拡大するごとにソフトを増やし、また武蔵野市にも事業所を開設したことで、全てをトータル的に管理できるよう[ワイズマンASPサービス]を導入しました。
特に楽になったのは、各部門でやっていたことが一元管理できるようになったこと。そして一番大きいのは、バックアップの安心感ですね。何か困ったときにワイズマンが保存してくれているという安心感が一番大きいです。
また、三鷹、武蔵野と事業を拡大してきましたが、離れた事業所でもちゃんと情報共有できるのもいいですね。パソコンを開けば、みんなわかるというところが非常に安心です。

多摩たんぽぽ介護サービスセンター 様

多摩たんぽぽ介護サービスセンター 様

東京都三鷹市大沢1-18-10

http://www.tamatanpopo.co.jp/

施設種別

居宅介護支援、訪問看護、訪問介護、通所介護、有料老人ホーム

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、お客様のご要望に応じて
専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。