2019.12.27
お知らせ

2020改定審議、重症度の見直し、オンライン服薬指導や情報共有の評価     厚労省

厚労省は12月20日、中医協総会を開催し、2020年度診療報酬改定に向けて審議した。入院医療その6では入院患者の重症患者割合に関わる重症度、医療・看護必要度の見直しの他、横断的事項その5ではICTの利活用に関わる薬局によるオンライン服薬指導の実施とその評価、これに付随する医薬品の配送費の取扱いを確認した。個別医療その15では医療機関間の情報共有の推進として紹介先・紹介元の双方向の情報提供のフィードバックに対しても新たに評価するとした。

改定に係る今回の公聴会は1月24日に静岡県富士市で開催することを決定した。

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000212500_00059.html

【注目記事】
2019年度版の高齢社会白書、高齢化率は28.0%、うち後期高齢者は14.2%   政府

2020年度診療報酬改定に向けて訪問看護や精神・認知の評価について議論  厚労省

2020改定の個別事項1、リハビリ、重複投薬、ポリファーマシー、バイオ後続品  厚労省

2019年10月の臨時改定、薬価・材料価格改定に関する官報告示、疑義解釈  厚労省

2020年度診療報酬改定の個別事項その8、在宅医療に係る材料の評価  厚労省

【医療・介護の業界トレンドニュースまとめ】

ヘルスケア分野における2040年の重要性

【PICK UP】
介護医療院対応!電子カルテシステム

すぐろくTabletに翻訳ボタンがついた!

2020年診療報酬改定 関連記事一覧