2019.09.24
お知らせ

2020改定のスケジュールと改定に当たっての基本認識や方向性などを例示   厚労省

厚労省は9月19日、社会保障審議会医療部会を開催し、2020年度診療報酬改定に向けたスケジュールと、基本方針の策定に向けた改定に当たっての基本認識や、改定の基本的視点・具体的方向性の例示を確認した。

ほぼ例年通りに改定スケジュールは、予算編成過程で年末までに改定率を決定し、1月に諮問、2月上旬に答申、3月上旬に官報告示の見込みとなった。

改定に当たっての基本認識として、「健康寿命の延伸、人生100年時代に向けた全世代型社会保障の実現」「医師等の働き方改革の推進」「患者・国民に身近な医療の実現」といった改定の命題が例示された。2040年を見据えた「全世代型社会保障」は地域包括ケアシステムに替わるキーワードとして盛り込まれている。

■関連サイト: https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000210433_00006.html

【注目記事】
2019年度版の高齢社会白書、高齢化率は28.0%、うち後期高齢者は14.2%  政府

10月に控えた消費税率の引き上げに伴い、周知用ポスターを公表

75歳以上の負担、2割に引き上げを 健保連 医療保険制度改革で提言

2019年10月の臨時改定、薬価・材料価格改定に関する官報告示、疑義解釈  厚労省

2019年度介護報酬改定Q&A Vol.3、介護職員等特定処遇改善加算4題    厚労省

【最旬トピックスを深堀り/毎月1日更新/NEWS LETTER[メルタス]】

9月号【働き方改革実践ポイント】

【PICK UP】
介護医療院対応!電子カルテシステム

訪問系サービス向け記録システム「すぐろくHome」

<訪問看護編>医療・介護連携サービスMeLL+(メルタス)導入事例