医療法人 矢尾板記念会 理事長 矢尾板 誠一 様

医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)導入事例

医療法人 矢尾板記念会
理事長 矢尾板 誠一 様

MeLL+(メルタス)で、クリニックと介護施設間の情報共有や連絡はもちろん、
入院・入所の準備もスムーズに行えるようになりました。

  • 導入前:Before
    • 先生への相談・緊急時の連絡は、主に電話で行っていた
    • クリニックから老健への入所、老健からクリニックへの入院の際は、施設に直接うかがってアセスメントや申し送りをしていた
  • 導入後:After
    • MeLL+(メルタス)のコメント機能を活用することで、電話をかけることがなくなり、対応も劇的に早くなった
    • 事前に患者様・利用者様の情報を確認できるので、施設にうかがうことなく、入所・入院の準備をスムーズに行えるようになった

導入事例

導入事例 医療法人 矢尾板記念会様 インタビュー動画

本事例を動画で分かりやすくご紹介しています

導入の背景

医療法人 矢尾板記念会 理事長 矢尾板 誠一 様

医療法人 矢尾板記念会
理事長 矢尾板 誠一 様

法人内のクリニック・介護施設間での情報共有が不可欠と考えた

医療法人 矢尾板記念会は、「年齢を重ねた方々の健康と福祉を守る」という理念のもと、2拠点で医療・介護サービスを一体的に提供しています。

「社会から施設や病院に入ってきた方は、なかなか社会のために役に立てないような立場に立ってしまうのですが、そのような方に一生懸命治療・リハビリを提供して、また社会に復帰するような道を開くのが大事なことだと思います。復帰できず、どんどん具合が悪くなる方もおられるのですが、必要な医療も介護も提供し続けることが大事だと考えております。」(矢尾板先生)

患者様・利用者様に本当に必要な医療や介護を提供するためには、法人内の複数の施設間での情報共有が不可欠でした。

選定の決め手

医療・介護両方に対応し、且つ連携できる点からワイズマンのシステムを導入

「医療・介護両方に対応しているという点から、まずはワイズマンの電子カルテシステムERを導入しました。また、複数の施設を運営するにあたり、医療と介護のスムーズな情報共有が必要と考えました。これまでは全施設に電子カルテが入っていても、その場にいないとカルテ情報が見られず指示も出せない、そうなると移動もしなければなりませんでした。また、それぞれの施設をまとめて考えるということは、私の頭の中だけでやっていることになるので、自分ひとりでできることが非常に限られていました。」(矢尾板先生)

このような経緯から、これまではクライアントサーバー型だった介護システムを、クラウド型のワイズマンシステムSPに刷新し、医療と介護の情報共有が可能な医療・介護連携サービス MeLL+(メルタス)を導入しました。

導入の効果

見龍堂医療福祉総合クリニック 看護師長 渕上 公子 様

見龍堂医療福祉総合クリニック
看護師長 渕上 公子 様

介護老人保健施設見龍堂メディケアユニッツ 事務長 五味渕 和人 様

介護老人保健施設見龍堂メディケアユニッツ
事務長 五味渕 和人 様

見龍堂クリニックかわせみ 看護師長 中尾 健一 様

見龍堂クリニックかわせみ
看護師長 中尾 健一 様

クリニックと介護施設間での情報共有を、MeLL+(メルタス)で実現

従来、先生への相談や入院患者様の情報収集は、電話や打ち合わせにて行われていました。また、老健施設からの入院となると、患者様が入院される日に直接担当スタッフがクリニックに来て申し送りをするというかたちになっていました。

「MeLL+(メルタス)導入後は、電話連絡ではなくコメント機能を活用して先生に対応を確認できるので、対応が劇的に早くなりました。また、老健施設での患者様の情報を事前に把握できるようになったため、申し送りに費やす時間がかなり短く済んでいると感じています。」(見龍堂医療福祉総合クリニック 看護師長 渕上 公子 様)

MeLL+(メルタス)導入前は、緊急時には先生に電話をしていました。また、病院の患者様が老健へ入所するとなると、直接うかがって看護師さんに状態を確認して、アセスメントしていました。

「MeLL+(メルタス)でコメントを残しておけば、『緊急の電話がなくなった』と先生からもお話がありました。また、MeLL+(メルタス)の総合記録で電子カルテシステムERのカルテ情報を参照し、患者様の状態を確認することにより、看護師さんに直接うかがわずに済むようになりました。医師と看護師の連携はかなり強くなったと思います。そこに相談員や、理学療法士といったスタッフが絡みつつあるので、多職種が情報共有できつつあると感じています。」(介護老人保健施設見龍堂メディケアユニッツ 事務長 五味渕 和人 様)

クリニックでは、これまでは介護施設の利用者様のケア記録を見ることができませんでした。MeLL+(メルタス)の導入により、医療側だけでなく介護側の情報を時系列で見ることができるようになりました。

「こちらは病院ですので、具合悪くなっていらっしゃる方が大多数です。いつごろから発熱があって、いつごろから肺炎が指摘されて、いつごろ脳梗塞の症状が出てなどの情報が見られるだけでもだいぶ違います。また、要約された介護の経過を見ることもできます。流れが見られるのはとてもありがたいですし、患者様が緊急入院する際に役立っています。」(見龍堂クリニックかわせみ 看護師長 中尾 健一 様)

今後の期待

医療法人 矢尾板記念会 事務局長 手塚 伸一 様

医療法人 矢尾板記念会
事務局長 手塚 伸一 様

地域包括ケアのための、法人を越えた地域全体での繋がり

「看護師と理事長の連携がとれるようになってきているとは思いますが、それ以外についてはこれからです。掲示板などをもっと活用することで、『こういうケースはどうしたらいいでしょう』といった、理学療法士や栄養士に個人で連絡を取り合っている情報を、全員が共有できるようになると思います。期待するところは、地域包括医療が進められていますので、このようなシステムが地域全体で繋がれば、もっと便利になるのではないかと思っています。」(医療法人 矢尾板記念会 事務局長 手塚 伸一 様)

医療法人 矢尾板記念会様

医療法人 矢尾板記念会様

栃木県日光市平ケ崎609-4

http://yaoitakinenkai.or.jp/

関連施設

見龍堂クリニックかわせみ、見龍堂医療福祉総合クリニック、今市Lケアセンター、見龍堂メディケアユニッツ、グループホームかわせみ

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、お客様のご要望に応じて
専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。