新着情報

新着情報

ワイズマンの新着情報一覧です。
新製品発表や展示会出展、セミナー開催など、お客様にお知らせする最新情報を掲載しています。

新型コロナウイルス感染症 緊急包括支援事業(介護分)

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業とは

介護サービスは、高齢者やその家族の生活を支えるために必要不可欠なものであることから、介護サービス事業所・施設様が感染症対策を継続に行いつつ、必要なサービスを提供する体制を構築する必要があります。 本事業は、感染症対策の徹底を行いつつ、介護サービスを継続的に提供するための支援を行うものとなります。
お客様の申請内容により対象となる場合がございます。

inquiry(welfare).png

ICT機器を対象とする支援事業について

①感染症対策の支援

感染症対策を徹底し、介護サービスを提供するための 「必要な経費を支援」

・対象事業所:令和2年4月1日以降、感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費が発生したすべての介護サービス事業所・施設など

・支援対象経費:かかりまし経費
(例)感染症対策に要する物品購入、外部専門家等による研修実施、感染発生時対応・衛生用品保管などに使える多機能型簡易居室の設置、感染防止のため発生する追加的人件費、 自転車・自動車の購入費用、ICT機器の購入費用 など

・助成上限額: サービス類型毎に設定
(例)通所介護(通常規模型)89.2万円、訪問介護53.4万円、特養3.8万円×定員数

②介護サービス再開に向けた支援

在宅サービス事業所における環境整備への助成
・対象事業所:令和2年4月1日以降、感染症防止のための環境整備を行った在宅サービス事業所
・支援対象経費:「3つの密」を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に要する以下のような購入費用
(例)長机、飛沫防止パネル、換気設備、自転車、ICT機器、内装改修費など
・助成上限額:20万円


inquiry(welfare).png

申請の流れ

コロナ支援金(申請の流れ).png

※都道府県ごとに申請・審査内容が異なります。詳細につきましては都道府県のHPもしくは、HP記載のお問合せ先にご確認ください。



inquiry(welfare).png

新着情報一覧へ戻る