電子カルテ

電子カルテシステムER導入のケーススタディ

実際の業務に合わせたストーリーをご覧下さい。

部門間連携や情報共有が可能になることで、より質の高いサービスの提供を実現

電子カルテの導入で他部門との連携が可能になり、患者様の状態を正確に評価できるようになりました

医療法人弘遠会 すずかけヘルスケアホスピタル
久野 智彦 先生

電子カルテの導入により、看護師や療法士の持っている情報、医療相談員の持つ患者様の家の間取りや家庭環境の情報など、多くの情報を統合的に参照できるようになりました。患者様の状態を正確に評価でき、その認識を全スタッフで共有しながら機能回復を進めることが可能になりました。

医療法人 弘遠会 すずかけヘルスケアホスピタル 様

電子カルテを軸とした患者情報の流れ

1事務部門(受付窓口)
事務部門(受付窓口)
事務部門(受付窓口)
事務部門で共有される情報
  • 患者情報
  • 保険情報
  • 受付情報
  • 予約情報
事務部門(受付窓口)では、患者情報・保険情報・受付情報・予約情報が共有されます。患者様・医師・診療区分を選択し「登録」ボタンを押下するだけで、簡単に受付処理を行うことができます。また、予約状況や診療歴も表示されるため、必要な情報を1画面で確認することができます。
2診療部門(診察室)
診療部門(診察室)
診療部門(診察室)
診療部門で共有される情報
  • カルテ情報
  • オーダー情報
  • 予約情報
  • 検査情報
診療部門(診察室)では、カルテ情報・オーダー情報・予約情報・検査情報などが共有されます。診察待ち一覧から患者様をダブルクリックすると、カルテが立ち上がります。過去の診察情報をそのまま参照したり、よく使うオーダーセットを登録することで、簡単にオーダーを出すことができます。
3オーダー実施部門(検査室・処置室・リハビリ室)
オーダー実施部門(検査室・処置室・リハビリ室)
オーダー実施部門(検査室・処置室・リハビリ室)
オーダー実施部門で共有される情報
  • 実施記録
  • 実施情報
  • 評価結果
  • 検査結果
オーダー実施部門(検査室・処置室・リハビリ室)では、実施記録・実施情報・評価結果・検査結果などが共有されます。実施待ちのオーダーは、患者様・実施日付・実施場所などを絞って一覧表示することができます。実施済みのオーダーは、オーダーを選択して「実施」ボタン押下で、システム上での実施処理が完了します。
4事務部門(会計窓口)
事務部門(会計窓口)
事務部門(会計窓口)
事務部門で共有される情報
  • 会計情報
  • 入金情報
  • 予約情報
事務部門(会計窓口)では、会計情報・入金情報・予約情報などが共有されます。
会計には、『レセプトコンピューターシステムΣ』をお使いいただく必要がございます。さらに『 電子カルテシステム ER 』との連動で、医師がオーダー入力した情報が転送され、取り込むことができます。そのまま会計処理を行えるので、再入力による転記ミス防止や事務処理の時間短縮が可能です。