電子カルテとは

電子カルテシステムERのカルテ表示・入力について

シンプルで使いやすい電子カルテとして、多くのお客様に導入いただいております。

カルテ2号紙をイメージした、見やすく使いやすい画面

カルテ画面はオーダーエリア、カルテエリア、ERガイドエリアから構成されます。
紙カルテと同じ感覚で入力できるよう、カルテ2号紙をイメージした画面構成となっており、情報把握も簡単に行えます。

画面キャプチャ:カルテ画面

スムーズなカルテ入力のための入力補助機能

定型文やテンプレートといった、よく使う文章や項目をあらかじめ登録しておくことで、
カルテ入力をよりスムーズに行うことができます。
また、内容は診療科や医師ごとに作成可能です。
さらに、シェーマ入力により、診療部位の具体的な情報を図や画像とともに記載することもできます。

画面キャプチャ:定型文入力
定型文入力
定型文の内容はSOAP毎にそれぞれ登録が可能です。内容は医師毎に作成できます。
画面キャプチャ:テンプレート入力
テンプレート入力
よく記載する項目をテンプレートにできます。テンプレートは診療科・医師毎に登録が可能です。
画面キャプチャ:候補入力
候補入力
部位や時期をあらかじめ登録しておくことができるので、スムーズにカルテ記載を行えます。
画面キャプチャ:シェーマ入力
シェーマ入力
身体部位の図や画像をカルテに反映することで、診察内容をより詳細に記載することができます。

情報を参照しながらのカルテ入力

過去のカルテやオーダー情報、バイタル測定結果などを参照しながら入力できます。
また、過去の記載内容をコピー&ペーストすることで、そのまま当日のカルテに引用することができます。
過去のオーダー内容のうち、そのまま利用したいオーダーについては、ドラッグ&ドロップ操作により簡単に流用することができます。
診察時におけるスムーズな入力を支援します。

画面キャプチャ:過去カルテ情報
過去カルテ情報
画面を拡大して詳細をご覧ください
画面キャプチャ:過去オーダー情報
過去オーダー情報
画面を拡大して詳細をご覧ください
画面キャプチャ:温度板情報
温度板情報
画面を拡大して詳細をご覧ください
画面キャプチャ:オーダーカレンダー情報
オーダーカレンダー情報
画面を拡大して詳細をご覧ください

注意点を容易に伝達・把握

診察時に特に注意したい情報や伝えたい情報に、付箋を貼ることができます。
付箋は、病院の運用に沿った形で任意に作成が可能です。
また、看護経過記録画面などで付箋付き情報の抽出・確認が容易にできるため、確認が必要な情報をすぐに把握することができます。

画面キャプチャ:カルテ画面

インフォームドコンセントの推進を支援

薬剤情報、診療経過、検査結果等を画面に分かりやすく表示しながら、患者様への説明が可能です。
インフォームドコンセントの推進に貢献します。

画面キャプチャ:薬剤情報表示
薬剤情報表示
薬品名上で右クリックすると薬剤情報が参照できます。薬剤情報を確認しながら、患者様への説明ができます。
画面キャプチャ:カルテ時系列表示
カルテ時系列表示
カルテの内容が時系列で表示されます。経過を参照しながら、患者様への状態説明ができます。
画面キャプチャ:検査結果表示
検査結果表示
検査結果を前回値と比較して参照できますので、患者様へ結果を提示しながら説明できます。
画面キャプチャ:検査結果表示(折れ線グラフ)
検査結果表示(折れ線グラフ)
指定した期間の検査結果を一覧で表示できます。グラフ表示もできますので、経過をより分かりやすく説明できます。

電子カルテを導入するなら
「電子カルテシステムER」

電子カルテシステムERは療養型病院・ケアミックス病院の業務にフィットした自由度の高いシステム構成により、
様々なユーザーニーズに迅速に対応します。
また電子カルテを中心とした部門システムとのシームレスな連携により、医療から介護部門まで院内のICT化を総合的にご提案します。

電子カルテシステムER 【療養型・ケアミックス病院向け】

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、
お客様のご要望に応じて専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。