医療法人社団博慈会 青葉さわい病院様 理事長 澤井 博司 先生

医療向け製品 導入事例

医療法人社団博慈会 青葉さわい病院様
理事長 澤井 博司 先生

ケアミックスに対応でき、コストパフォーマンスにすぐれた電子カルテシステムのワイズマンに決めました。

  • 導入前:Before
    • 医療のIT化推進がうたわれており、時代の要請としても取り組みに必要性を感じていた
    • 医療事務の算定漏れが課題だった
    • 一般急性期にも慢性期にも対応できる電子カルテシステムが必要だった
  • 導入後:After
    • オーダー時間短縮・簡略化や情報共有の円滑化、過去のカルテ情報を探しやすくなるなど、業務上のメリットがあった
    • 算定漏れのチェック機能により、今まで多かった起票漏れや転記ミスが減少した
    • 経営情報に関わるデータの分析、二次利用が行ないやすくなり、便利になった

導入の背景

青葉さわい病院 院長 澤井崇博先生

青葉さわい病院 院長 澤井崇博先生

電子カルテシステム導入は情報共有化に対する期待から

電子カルテシステムには前々から関心がありました。国や医師会のグランドデザインの中でも医療におけるIT化推進がうたわれており、時代の要請としてもいずれは取り組まなければならないと考えていました。

そこで、病院を新築移転するにあたり、電子カルテを入れるよいタイミングだと思い、導入を決めました。
それから、自分自身エンジニア系統の人間だと自負しているのですが、私以上に積極的だったのは息子たちなんです。 2人の息子も青葉さわい病院の医師をしているのですが、電子カルテを入れたいという息子たちの気持ちが強かったので、心強く思い、導入に迷いはありませんでした。

電子カルテシステムに対する興味は非常にありました。電子カルテは手書きのカルテに比べて誰が書いても読みやすいという点や、情報共有がスムーズだいうことを聞いていましたので、実際に自分でも使ってみてその効果を試してみたいと思っていました。
また、電子カルテを導入することで、当院の課題でもある医療事務の算定漏れの減少や、データを蓄積、分析し、二次利用の期待もできたので、父に電子カルテ導入を勧めましたね。(院長 澤井 崇博先生)

選定の決め手

医療と介護への対応の必要性から、電子カルテシステムER導入へ

最初はどこのメーカーの電子カルテシステムがよいのかまったくわかりませんでした。そこで、実際に電子カルテを使っている知人のところに足を運び、システムを見せてもらったり、色々とヒアリングさせてもらいました。大手メーカーの電子カルテは、一般急性期の大病院向けに作られていたので、機能は充実していましたが、当院のような中規模の病院には少し複雑すぎるかなと思いました。また機能が充実している分、何億円もの導入費用がかかり、そこまで費用をかけることはできないと思いました。そんな中、ワイズマンのシステムは背伸びせず、コスト的に無理をしないで導入できるところが魅力でした。また、当院は一般急性期にも慢性期にも対応しなければならないので、医療と介護の両方を得意分野としているワイズマンのシステムなら、スムーズに運用できると思いました。
これからの発展性にも期待ができ、色々な要望にもアクティブに改善していってくれるような信頼感がありました。

導入の効果

スタッフ全員で導入に備え。効果は業務面、経営面ともに

1カ月前くらいから、ワイズマンが立ててくれたスケジュールにそって、午前の部、午後の部などにわかれてシステムの操作について研修を行ないました。さらに当院の場合は、紙カルテから一気に電子カルテへ移行しましたので、必要なテンプレートの作成もワイズマンのサポートスタッフに教えてもらいながら準備しました。

システム稼動当初は、カルテ入力やオーダーに時間がかかり、受付や会計で患者様をお待たせすることがよくありました。操作が不慣れであったので、入力ミスをすることもあり、慣れるまでには少し時間はかかりました。
業務面においては、再診の患者様へのオーダーが早く簡単に行なえるようになったことや、過去のカルテ情報が探しやすくなったこと、情報がスムーズに共有できるようになったと感じています。また、経営面においては、算定漏れのチェック機能により、今まで多かった起票漏れや転記ミスが減り、効果が出てきています。
私は医師であると同時に経営者でもありますので、経営情報にかかわる数値には非常に敏感です。導入当初は「これはどういう数値なんだろう?」という部分もありましたが、現在ではデータの分析、二次利用が行ないやすくなり、大変便利です。

お客様から

院長 及川 雄悦 先生

医療の質と患者満足度の向上が目標

システムを導入したことで、自分たちの業務が楽になるだけでなく、医療の質が向上し、最終的に患者様に満足してもらえることが大事ですね。

また一方で、患者様の情報をデータベースとして積み上げ、院内全体で二次利用していきたいです。1度入力した情報を無駄にしてはいけないと思います。これは紙ではできなかったことですから。
ワイズマンのシステムはパッケージですが私たち医療現場と開発側の意見を融合して、より使いやすい電子カルテシステムになっていくことを期待しています。

医療法人社団博慈会 青葉さわい病院

医療法人社団博慈会 青葉さわい病院

医療法人社団博慈会 青葉さわい病院様は、東急田園都市線あざみ野に、2005年12月、移転新築で開院しました。診療科目は整形外科、内科、リハビリテーション科、外科。一般病棟(40床)、回復期リハビリ病棟(34床)、医療療養病棟(111床)を併せ持つ、185床の病院です。周辺の病院、診療所、種々の介護施設との密接な連携を図ることにより、「地域に密着した医療」を目指しています。

神奈川県横浜市青葉区元石川町4300

http://www.aoba-sawai.or.jp/

病床数

185床

診療科目

整形外科/内科/リハビリテーション科/外科

ワイズマン製品に関心はございませんか?

製品に関するより詳しい内容や、質問・疑問について、お気軽にお問い合わせください。

製品導入に関するご相談、お見積り、無料デモなど、
お客様のご要望に応じて専門スタッフが分かりやすくご説明の上、ご対応させていただきます。