• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

特別養護老人ホーム サニーヒル横浜 様

施設長 上山 眞照 様

ワイズマンのサポート体制やソフトの安定性に満足。実際に使用する介護職員の使いやすさが決め手でした。

特別養護老人ホーム サニーヒル横浜

施設長 上山 眞照 様

関連製品

ページの先頭へ戻る

システムを導入した背景

提出書類作成などの作業が、スタッフにとってとても負担になっていました。

本来の入居者へのケアの仕事以上に、自治体への提出書類作成などの作業が、現場スタッフにとっては大きな負担になってきています。 社会福祉施設は、行政の指導に基づき、さまざまな施設整備が必要なのですが、そのための書類をそろえるのが本当に大変なのです。

ひとつの書類を提出する際も、過去数年間にさかのぼって記録を探し出し、それらを手書きで複写し、決められた書式で作成しなければなりません。 場合によっては、何人もの職員が数日にわたり、その作業に忙殺されることもありました。

このような職員の負担を少しでも軽減するために、積極的にIT活用に取り組んできました。

副施設長 山崎 美香さん

サニーヒル横浜
副施設長
山崎 美香さん

ページの先頭へ戻る

ワイズマンのシステムを選定されたポイント

事務局長 山崎 憲司さん

隆徳会
事務局長
山崎 憲司さん

システム導入において重要視したことは、実際に使用する介護職員が使いやすいかどうか。

同法人のサニーヒル横須賀では、開所以来、介護・福祉サービス向けソフトで実績のあるワイズマンのシステムを使用しています。 サポート体制やソフトの安定性に満足していたので、横浜を開所する際にも、同社のシステムの採用を念頭におきながら、検討を重ねました。

その結果、ニンテンドーDSで入力操作が簡単にできるケア記録支援ソフト『すぐろくDS』と、「施設介護情報システム」の導入を決定しました。 システム導入において重要視したことは、実際に使用する介護職員が使いやすいかどうかです。

そこで、介護職を中心としたPC委員会を立ち上げ、システム導入に向けての検討・準備を進めました。ワイズマンの方からインストラクターを派遣してもらい、 操作の説明などの講習会を開催しました。横須賀での経験に加え、導入前の準備に時間をかけたため、開所後すぐに本稼働でき、比較的スムーズに運用できています。

ページの先頭へ戻る

システム導入にあたって苦労した点

ベテランも、新人も、同じレベルの介護記録をつけていくことが簡単にできます。

一番、時間をかけたのは、DSに介護明細を入力するための定型文や項目のマスタの整備ですね。現場での入力もその後のデータ活用もスムーズにできるように、 自分たちの施設にあうマスタの作成には試行錯誤を重ねました。

入居者がその日食事をどれくらい食べたか食べなかったか、トイレにいつ行ったか、お風呂はいつ入ったか等、日常生活の記録をとり、 職員全員が簡単に情報共有できることを目指しました。開所後1年で、基本的な情報は標準化して入力できるようになり、マスタの整備としては7~8割の完成具合です。

介護施設では、入居者の健康状態のチェックが重要になりますが、これまでは、それぞれの担当者ごとに記録上の表現が変わり、正確なニュアンスが伝わらないケースもありました。 入居者の様子についても担当者によって言い回しが違うと、体調などに対する認識に差が出てしまいます。

マスタには、標準的な表現を作りこむことで、全員が同じ認識を持って、入居者への対応ができるという意義もあり、手間を費やした部分もあります。 マスタがきちんと整備されていれば、ベテランも、新人も、同じレベルの介護記録をつけていくことが簡単にできます。このメリットは大きいと思います。

PC委員会代表 小森 道哉さん

サニーヒル横浜
PC委員会代表
小森 道哉さん

ページの先頭へ戻る

職域を超えた情報共有とセキュリティ面での安心感

『すぐろくDS』

『すぐろくDS』

「施設介護情報システム」

「施設介護情報システム」

データセンターで安全に管理されているので、安心感が違います。

『すぐろくDS』については、介護職員や看護職員など、日常的に操作する現場からの評判も上々です。立ちながらでも、すぐに記録できるというところが、 DSのメリットだと思います。現場の話では、業務経験の浅い職員やパート勤務の方などでも、使いこなせているようですね。

また、「施設介護情報システム」については、入居者が突然通院・入院になった場合にも、2~3日前からのバイタルや介護記録など必要なデータをすぐに出力でき、 正しい情報を病院に渡すことができています。以前は手書きの介護記録を探し出し、持参しなければならなかったので、各段に効率的になりました。

さらに「ワイズマンASPサービス」は、データが施設の中ではなく、データセンターで安全に管理されているので、安心感が違います。 非常にデリケートな個人情報の管理から解放され、セキュリティの面でも効果が大きいですね。

ページの先頭へ戻る

今後の取り組みについて

これからは、人材教育にITを役立てていきたいと考えています

介護の記録には、『すぐろくDS』に用意したマスタの選択だけでは限界があり、詳細な体調の記録などは文章で入力する必要があります。 今後は入力内容の統一化と情報の整理をうまく行っていきたいです。

また、介護日誌など、手書きのものをどうやってデータ化するかも重要だと考えています。施設には、いつも熟練した介護職員がいるわけではありませんが、 情報が共有できればノウハウの共有にもつながり、若いスタッフでも質の高い介護サービスの提供が可能になるはずです。

介護業務は、人に対するサービスなのでマニュアル化が難しいのですが、若い職員でもワイズマンのデータベースで保存されている記録がある、 どういう介護をすれば良いのかという模範があるという安心感があれば、現場で自信を持って動くことができると思います。 これからは、人材教育にITを役立てていきたいと考えています

ページの先頭へ戻る

ユーザープロフィール

特別養護老人ホーム サニーヒル横浜

特別養護老人ホーム サニーヒル横浜

2009年に横浜市内にオープンした特別養護老人ホーム サニーヒル横浜様は、ITの活用によるサービス向上に積極的な社会福祉法人 隆徳会が運営する施設です。 地域密着をモットーに、入居者が安心して自分らしく暮らせる個別ケアを心がけています。 サニーヒル横浜様では、開所と同時に、ケア記録支援ソフト『すぐろくDS』+「施設介護情報システム」を導入、稼働させています。 煩雑な事務処理を減らすと同時に、標準化された介護記録が職員による情報のギャップをなくし、さらなるサービス向上につながっています。

施設種別
指定介護老人福祉施設、短期入所介護事業、居宅介護支援事業
住所
〒241-0802 神奈川県横浜市旭区上川井町1147-2
URL
http://www.sunnyhill.or.jp/

医療・介護連携サービス MeLL+ :メルタス

ワイズマンシステムSPの導入はワイズマンASPサービスのご利用が便利です。

『 ワイズマンASPサービス 』は

コスト・セキュリティ・利便性

介護事業所様をフルサポートする

新しい運用サービスです。

月額定額制介護ソフトセカンドライン

ワイズマンシステムSPの導入事例

ページの先頭へ戻る