• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

先輩社員の仕事

邊見 麻紗子

社内を動かすサポートセンターをつくる

邊見 麻紗子

2001年入社

福祉サポート部 サポートセンター(取材時)

Career Step

2001年: 入社と同時に、サポート部に配属
(発送担当、担当システムのマニュアル作成業務)
2002年: サポートセンターへ異動
(電話応対者、電話応対者フォロー(支援者)、電話応対の品質管理担当、呼量予測・スケジュール管理業務などを行い、現在はリニューアルシステム関連の業務を担当)

一日のスケジュール

出社   メールチェック
  9:00 リリース担当者や課長と打ち合わせ
  10:00 資料づくり(システムリニューアル/センター内の業務改善)
昼食 12:00  
  13:00 打ち合わせ
  15:00 資料作成・業務進捗確認
(リリースの取り組みに関してチームの担当者に進捗状況を確認。相談をうける)
  18:00 打ち合わせ
退社 20:00  

現在の仕事内容

電話応対者の後方支援やお問い合わせ増加に向けた対策・取り組みを実施しています。

電話応対者の後方支援やお問い合わせ増加に向けた対策・取り組みを実施しています。

新システムのリリースにより、サポートセンターではシステムに関するお客様からのお問い合わせ電話の増加が見込まれます(2010年11月取材)。お問い合わせの増加に向けてサポートセンターとしてどのようにして対応していくのかという対策や取り組みを検討・実施しています。自分も担当者として取り組みを進めますが、他の担当者の取り組みがスムーズに進むよう進捗管理やアドバイスも行っています。
お客様からのお問い合わせに対して、現在は直接電話応対することはなく、電話応対者の後方支援をしています。お客様が困って電話してきた時に素早く・わかりやすく解決し、満足いただけるように支援しています。

仕事で面白いと感じること

直接お客様の反応が返ってくるのが面白いところです!

お客様からサポートセンターにお褒めの言葉をいただいた時は、すごく嬉しくてやりがいを感じます。お客様と近い部署なので直接お客様の言葉をいただけ、反応が返ってくるのが面白いところです。また、できなかった仕事ができるようになってくると自分の成長を感じられるので、仕事をしていて良かったなと思います。

今後の目標

サポートセンターを製品づくりやサービスのあり方をリードしていく存在にしたいです!

サポートセンターはお客様に近い存在なので、お客様の意見を社内にもっと発信していきたいです。お客様の意見に基づいた提案を行うことで、サポートセンターをワイズマンの製品づくりやサービスのあり方をリードしていく存在にしたいです。またサポートセンターのサービス向上に貢献できるような知識・意識を身に付けたいです。サービスは意識で変わると思います。一人の意識が変わると全体も感化されて意識が変わります。センターを動かすような意識を持って仕事をしていきたいです。

私のオフタイム

休日はスポーツを楽しみます。

週末はワイズマンのチームに所属しフットサルをしています。一回の練習は2時間くらいですが、女子チームにも参加しているので一日に何回か練習に行くこともあります。女子チームではキャプテンをしているんですよ。会社のメンバーや友達など女子メンバーでフットサルを楽しみます。女子チームでは試合はありませんが会社のチームでは大会にも出ています。何年か前に会社の交流フットサル大会があったときにはMVPをいただきました。

(取材日:2010年11月)

ページの先頭へ戻る

先輩社員のお仕事

開発部門

塚田 未来

福祉開発部

塚田 未来

2000年入社

江釣子 卓磨

福祉開発部

江釣子 卓磨

2004年入社

佐藤 峻作

福祉開発部

佐藤 峻作

2007年入社

営業部門

伊藤 宏光

福祉事業本部

伊藤 宏光

1999年入社

谷崎 愛親子

福祉営業部

谷崎 愛親子

2001年入社

山泉 香

福祉営業企画部

山泉 香

1998年入社

サポート部門

清水哲也

医療営業部

清水 哲也

2001年入社

吉田 佳寿実

福祉サポート部

吉田 佳寿実

2009年入社

邊見 麻紗子

福祉サポート部

邊見 麻紗子

2001年入社

管理部門

松崎 剛

総務部

松崎 剛

2006年入社

採用までの流れや募集職種・要項を詳しく見る
募集要項・採用までの流れ
採用に関して不明点などはこちらから
採用に関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る