• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

先輩社員の仕事

塚田 未来

お客様の声と市場の動向とをWISEMANが提供する【価値】につなげたい。

塚田 未来

2000年入社

福祉開発部 福祉システム企画課(取材時)
福祉開発部 福祉システム1課(2015.07現在)

Career Step

2000年: 入社と同時に開発部へ所属。
介護保険請求システムの開発を担当。
2006年: リニューアルシステムの開発を担当。
2008年: 福祉システム企画課へ異動し、平成21年介護報酬改定担当。以後、制度対応関連企画を中心に担当。

一日のスケジュール

出社   メールチェック
  9:00 朝礼
  9:15 課ミーティング(課内で情報共有)
  10:30 次回企画用の調査業務や各問い合わせ対応等
昼食 12:00  
  13:00 打合せ(システムバージョンアップ検討)
  15:00 次回企画用の調査業務
退社 19:00

 

現在の仕事内容

機能の企画・提案をシステムにどう反映するか

制度内容とシステムをマッチさせた機能を提案しています

システム企画課としては、機能の企画・提案をシステムにどう反映するかというところを担当していますが、私は特に、制度改正や新しい制度の創出で必要になる改修や、新しい機能の提案をすることが多いです。

制度だけでなく、お客様がかかわる医療・福祉分野においての変化に応じて、法令を遵守したうえで、さらに業務効率をあげていく機能を企画・提案し、開発につなげていきます。そのための調査や分析も行っています。制度関連の疑義や不明点の調査等も担当しています。

仕事で面白いと感じること

同じ問題にもアプローチはたくさんあります

今起こっている不便さを解決しようとした場合、システムでの解決方法にしても、それ以外の解決方法にしても、アプローチはたくさんあります。その中から、状況にあった最善の手を探し当てるのは、面白いところだと思います。

今後の目標

スピード感をもったシステム提案、安心を与える対応

システムとして、「いま、その仕事にかかっているお客様の業務負担をこれだけ減らすことができる」と明確に示せるような機能を素早く提案していきたいです。
制度関連の対応の場合、国の情勢等に左右されることもあり、どうしても制度施行ぎりぎりまで「決まらない」危うさも持っており、「直前までわからない」ことからくるお客様の不安感も大きいです。そのなかで、制度に則ったシステム・機能をいち早く提供していくことが、お客様の安心・満足につながると考えています。

私のオフタイム

もともとインドア派ではありますが、この夏は少し暑すぎたので、読書や映画鑑賞等、静かに過ごす時間が多くなりました。

静かにしていると、ふと今後の制度のことを考えてしまっていることもあります。そんなときは、平日にはできないような手のかかる料理を作る、のが定番の切り替え方法です。一気に切り替わります。
涼しくなったら、自然を愛でに出歩こうかな、と。

 

(取材日:2013年9月)

ページの先頭へ戻る

先輩社員のお仕事

開発部門

塚田 未来

福祉開発部

塚田 未来

2000年入社

江釣子 卓磨

福祉開発部

江釣子 卓磨

2004年入社

佐藤 峻作

福祉開発部

佐藤 峻作

2007年入社

営業部門

伊藤 宏光

福祉事業本部

伊藤 宏光

1999年入社

谷崎 愛親子

福祉営業部

谷崎 愛親子

2001年入社

山泉 香

福祉営業企画部

山泉 香

1998年入社

サポート部門

清水哲也

医療営業部

清水 哲也

2001年入社

吉田 佳寿実

福祉サポート部

吉田 佳寿実

2009年入社

邊見 麻紗子

福祉サポート部

邊見 麻紗子

2001年入社

管理部門

松崎 剛

総務部

松崎 剛

2006年入社

採用までの流れや募集職種・要項を詳しく見る
募集要項・採用までの流れ
採用に関して不明点などはこちらから
採用に関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る