• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

看護支援ソリューション

病棟看護支援システムERと各システムとの連携により、病棟業務の効率化とスムーズな情報共有を支援します。

病棟看護支援システムERと電子カルテシステムERは共通の診療情報のデータベースを利用するため、患者様の基本情報や診療情報が共有でき、指示内容、実施状況の伝達、確認がスムーズに行えます。また、カルテや看護記録などを相互に参照でき、医師の記録と看護師の記録の一元化が実現されます。

看護支援ソリューションの構成

病棟

ベットサイド
ノートパソコン

ベッドサイドでもナースステーションと同様の機能が利用可能

PDA
オーダ確認
バイタル入力
3点チェック
実施入力(ワークシート)
基本情報参照
ナースステーション
患者基本情報
看護プロブレム
看護計画
看護経過記録
入院経過シート
褥瘡管理
看護サマリ
オーダ確認
実施入力(ワークシート)
バイタル入力
看護必要度
患者分類評価
カーデックス
看護日誌
カルテ参照
検査結果参照
診療治療計画参照
退院サマリ参照
病名参照
部門記録参照
文書情報参照

ベッドサイドでの入力情報が記録に反映されるため転記が不要。医師や他部門の記録が参照可能。

診察室


各部門

ページの先頭へ戻る

看護支援ソリューションのポイント

1.チーム医療の実現
医師や他部門とのスムーズな情報共有が可能となり、病棟業務や診療を支援します。
2.事務処理の軽減
転記作業や転記ミスが軽減でき、日々の事務処理の効率化が図れます。

ページの先頭へ戻る

看護支援ソリューションを構成するシステム

電子カルテシステム

電子カルテシステムER

オーダリングシステム

オーダリングシステム

看護支援システム

病棟看護支援システムER

介護保険請求システム

メディカル介護システム

ページの先頭へ戻る


ページの先頭へ戻る