• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

電子カルテソリューション

ワイズマンの電子カルテソリューション 病棟看護支援システムERへ リハビリテーション支援システムへ レセプトコンピューターシステム Σへ メディカル介護システムへ オーダリングシステムERへ 電子カルテシステムERへ
電子カルテシステムERを中心に数々のシステムを連携させることで、 患者様を中心とした医師、部門スタッフ間のシームレスな情報共有と連携を実現します。 院内の円滑なコミュニケーションを生み出すことにより、「充実したチーム医療」を実現し、『更なる医療の質向上』をサポートいたします。
入院業務に必要な情報を1 画面に集約して表示可能です。入院患者様の状態や経過の把握と同時に、新規のオーダーや看護指示、実施情報の入力が行えます。
また、検査結果の時系列表示やグラフ表示、カルテや各部門の記録も参照できます。表示期間は1日や、1週間、1ヶ月と切り替え可能で、職員や患者様ごとに各エリアの表示/非表示も自由に選べます。
充実したスケジュール管理機能を標準装備。療法士スケジュール、患者スケジュールを時間単位で視覚的に確認でき、スケジュールの登録・調整が行えます。
さらに、電子カルテシステムERとの連携で、患者様の検査予約、入浴予定などがスケジュール画面に自動で取り込まれるので、他のスケジュールを確認しながらリハビリの予約をスムーズに取ることができます。
会計入力では画面配置の分かりやすさと操作性の良さを追求。スピーディーかつ簡単な操作で会計入力が行えます。また、「必要な情報を参照しながら入力できること」をコンセプトに設計しており、算定漏れも防止します。
算定補助情報として、過去の医学管理料などの算定情報と病名を表示し必要な情報を確認しながら入力や、略称(コード)を利用し、コマンド欄にレシピ単位で会計項目や数量を連続して入力も可能です。
カルテ2号紙をイメージした画面は、「ERガイドエリア」、「カルテエリア」、「オーダーエリア」の3つのエリアで構成し、見やすい表示で簡単に操作が行えます。
また、カルテ画面は自由に組み合わせできるので、過去のカルテやオーダー、入院経過シートなど必要な情報を参照しながら、当日のカルテやオーダーの入力が可能です。過去のカルテの記載内容を引用したり、過去のオーダー内容の流用も行えます。

?

電子カルテシステム ER を中心とした医療情報連携ソリューション。

電子カルテソリューションの構成

ページの先頭へ戻る

電子カルテソリューションのポイント

1.チーム医療の実現
リアルタイムに診療情報が共有でき診療を支援します。
2.患者満足度向上
患者様の待ち時間が短縮され、インフォームドコンセントの推進も図れます。
3.経営支援
データ精度の向上と蓄積した診療情報の有効活用により経営を支援します。

ページの先頭へ戻る

電子カルテソリューションを構成するシステム

電子カルテシステム

電子カルテシステムER

オーダリングシステム

オーダリングシステム

看護支援システム

病棟看護支援システムER

介護保険請求システム

メディカル介護システム

臨床検査システム

臨床検査システムER

その他部門システム

健診システムiD-Heart

ページの先頭へ戻る

ワイズマンの「電子カルテシステムER」は中小規模病院にフィットしたワンパッケージ電子カルテシステムです。

「電子カルテシステムER」は
全国で190件を超える導入実績。
見やすい、使いやすい、充実した機能で導入医療施設全国拡大中です。

※2016年1月現在

電子カルテソリューション基本機能リハビリ向け機能療養病床向け機能精神科向け機能


ページの先頭へ戻る