• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

医療・介護連携サービス MeLL+ :メルタス

MeLL+は、地域包括ケアや法人内連携など、医療と介護のシームレスな連携を実現する医療・介護連携サービスです。

地域包括ケアとは…団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されること。

最新導入事例

お問い合わせはこちら


生涯医療クリニックさっぽろ様の導入事例をご紹介します。

医療・介護連携サービス MeLL+は、医療と介護の情報をクラウドに蓄積、必要な情報を必要な時にどこからでも共有することができる多職種コミュニケーションツールです。
MeLL+が地域包括ケアなど、医療と介護のシームレスな連携を実現するイメージです。
※SS-MIX2(厚生労働省電子的診療情報交換推進事業)に対応しております。
SS-MIX2の規格に対応した他社システムからも情報を取込むことが出来ます。

仕組みとセキュリティ

お問い合わせはこちら


パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンでの利用が可能!

施設や事業所内での利用の他に、訪問先の患者様・利用者様宅や他施設、出張先等でも24時間365日システムの利用が可能です。持ち運びに便利な携帯端末でも利用できます。

医療・介護連携サービス MeLL+のクラウド連携イメージです。

多様な権限設定とアクセス管理によりセキュリティ対策を実現しています。

  • ・施設ID、ユーザーID、パスワードの設定による認証が行えます。
  • ・端末ごとにセキュリティIDを用いて利用端末を限定できます。
  • ・機能ごとにアクセス権を付加し、職員ごとに権限設定が行えます。
  • ・職種や施設・事業所ごとに利用権限が設定できます。
  • ・患者・利用者ごとにスタッフの閲覧権限が設定できます。
  • ・権限のない項目は非表示になります。

メルタスシリーズ

お問い合わせはこちら


利用用途で選べる、MeLL+のシリーズ・料金体系

MeLL+ professional
法人内または法人を中心に関係する事業所で利用
病院、クリニック、介護サービスなどの
種別により、料金が異なります。
MeLL+ community
地域全体で連携する事業所で利用
連携する事業所数の規模により、
料金が異なります。
施設・事業所の範囲内であれば、アカウントの上限なしにご利用できます。
詳しい料金についてはお問合せ下さい。
患者様・利用者様本位の多彩な機能が、医療・介護連携をよりスムーズにします。
  • ポータル
  • 患者様・利用者様情報
  • 情報共有支援
  • コミュニケーション支援
  • 文書管理
  • 管理者向け
  • 他社製品連携

※対応機能はシリーズによって異なります。Mell+ professional … MeLL+ professional、Mell+ community … MeLL+ community


ポータル

ダッシュボード

ダッシュボード

必要な情報に素早くアクセス。ユーザごとに様々な情報を集約して表示。

MeLL+にログインすると届いているコメントやメッセージ、掲示板・回覧板などのお知らせなどを、一画面に集約して確認することができます。ユーザが知りたい情報を集約しているので、必要な情報に素早く確実にアクセスできます。

ダッシュボード機能の画面

機能メニューへ戻る

患者様・利用者様情報

基本情報

基本情報

患者様・利用者様の基本情報を確認。
許可された施設や職種、職員間でスムーズな情報共有。

主病名/入院時情報/フェースシート情報など患者様・利用者様の基本情報を確認できます。情報共有の範囲を設定できるので、許可された施設や職種、職員間でスムーズな情報共有が行えます。

※MeLL+ communityでは一部制限事項がございます。詳しくはお問い合わせください。

基本情報の画面

機能メニューへ戻る

リスクサマリー

リスクサマリー

患者様・利用者様の基本情報から重要情報をピックアップ。
知らずに起こりうるリスクを軽減。

アレルギーや服薬情報などの「医療情報」と、ADLや生活上の留意点などの「介護情報」から、重要な項目を選択してまとめて表示。患者様や利用者様ごとの要注意ポイントを、スタッフ間で等しく共有することにより、知らないことで起こりうるリスクを軽減します。

リスクサマリー機能の画面

機能メニューへ戻る

情報共有支援

総合記録

総合記録

カルテやリハビリ記録、各介護事業所のケア記録を統合して時系列表示。

病院や介護施設でそれぞれ入力した記録を統合し、連続した記録で表示できます。往診前に利用者様の直近の状態を確認したり、一連の経過を時系列で把握できます。

※MeLL+ communityでは一部制限事項がございます。詳しくはお問い合わせください。

総合記録機能の画面

機能メニューへ戻る

カレンダー

カレンダー

サービス利用予定や実績、記録やコメントの有無をひと目で確認。

カレンダー形式で、日々のサービス利用や往診・通院、外出・外泊の予定や実績が確認できます。また、カルテやケア記録・利用者コメント等の有無も、横断的にひと目で確認できます。

カレンダー機能の画面

機能メニューへ戻る

コミュニケーション支援

利用者コメント

利用者コメント

気づきをリアルタイムに共有。最適な診療・ケアの実施や判断をサポート。

患者様や利用者様の状態や様子について、すぐ・その場で投稿することで、関係者間で気づきをリアルタイムに共有することができます。適切なタイミングでのアクションにつながります。

利用者コメント機能の画面

機能メニューへ戻る

メッセージ

メッセージ

スタッフ間で「気軽に」「スムーズな」情報交換。

共有したい相手を指定して連絡や相談が行えます。例えば、訪問看護師やケアマネジャーから医師に助言を求め、アドバイスを返してもらうことも可能です。グループウェア的に使うことによって、診療科の違う医師ともスムーズに情報交換できます。

メッセージ機能の画面

機能メニューへ戻る

掲示板・回覧板

掲示板・回覧板

お知らせや連絡事項を一度に伝達。コミュニケーションを効率化。

法人内のお知らせや施設・事業所内の連絡事項など、スタッフ全員に伝達することができます。回覧板は閲覧状況が確認できるので、誰が見て誰がまだ見ていないかを確認でき、情報を確実に伝えることができます。

掲示板・回覧板機能の画面

機能メニューへ戻る

会議室

会議室

時間や場所を問わずにスタッフ同士で自由な意見交換。

話題ごとに会議室を設け、時間や場所を問わずにスタッフ同士で自由に意見交換が行えます。業務改善に関することからちょっとした疑問まで、施設の課題解決や情報・知恵の共有が図れます。

会議室機能の画面

機能メニューへ戻る

文書管理

関連文書

関連文書

患者様・利用者様の状態変化に応じて取り交わす様々な文書を一元管理。

病院から施設へ、施設から在宅へなど、患者様や利用者様の状態変化に応じて、関連する事業所間でやり取りする診療情報提供書や退所サマリーなどを投稿し、いつでも・どこでも取り出して閲覧できます。

※MeLL+ communityでは一部制限事項がございます。詳しくはお問い合わせください。

関連文書機能の画面

機能メニューへ戻る

管理者向け

経営情報

経営情報

複数事業所の経営データを1画面で確認可能。

MeLL+と連携している複数事業所の経営データ(売上情報、保険請求情報、未収金状況、利用者実績、ベッド稼働状況)を確認することができる、管理者向けの機能です。

経営情報の画面

機能メニューへ戻る

他社製品連携

ID-Link

ID-Link連携

MeLL+とID-Linkの連携で、地域包括ケアの一層の進展に貢献。

ID-Link上の患者様画面より、シングルサインオンでMeLL+ professionalへアクセスできます。
ID-Linkで共有する診療情報のほか、介護職が入力するバイタル情報や介護記録などの情報を共有することもできます。

ID-Linkの画面

機能メニューへ戻る

外出先から様々な情報をスムーズに確認、
訪問時の様子をその場で入力できるようになりました。

アイコン お客様情報
特定非営利活動法人 訪問看護ステーションコスモス様

2015年8月にMeLL+を導入。公開中の利用者304名、看護師26名でMeLL+を使用。ワイズマンシステムSPで登録したデータを出先で確認する他、関連文書やコメントの投稿、個人メモを入力するなど活用中。

アイコン 導入背景

すでに導入しているワイズマンシステムSPで入力していた利用者情報を、訪問時に外出先で 確認したいというニーズを低いコストで実現出来る事と、今後は他の機能も活用できると考え、ワイズマンのMeLL+に決めました。これまでは外出先での情報参照のみをメインとして使ってきましたが、今後は職員間での情報共有としても様々な機能を活用していきたいと考えています。

アイコン 特に活用している機能
アイコン

利用者コメント
導入してからまだ本格的には活用できていないですが、訪問した利用者のご様子を事務所のパソコンでコメントとして入力し、訪問先で確認して活用しています。以前と比べて、その場で入力出来るようになり便利になったので、今後はさらに活用していきたいと思っています。

アイコン

基本情報
外出先で、利用者の基本情報を確認する際に使用しています。自宅の連絡先や主傷病、主治医を確認出来るようになり、便利になりました!休日や夜間など緊急で訪問が必要になった際に、いつ誰が緊急訪問が必要か、MeLL+を開けば必要な情報をすぐに確認できるのがメリットです。

アイコン

関連文書
薬の情報などの文書を投稿して使用しています。外出先からいつでも必要な文書を見ることができるので、とても便利に活用できています。

電子カルテシステムERの導入事例

電子カルテシステム ER 地域別導入事例一覧

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

ページの先頭へ戻る