• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

レセプトコンピューターシステム Σ [シグマ]

医療事務に求められる速く、確実な請求業務はもちろん、介護保険請求システムをはじめ、電子カルテシステムERや部門システムと連携することで、基本情報や診療情報の共有と業務の効率化を実現します。

レセプトコンピューターシステムΣ


機能紹介

レセプトコンピューターシステムΣは医療事務における多大な事務処理の効率化を実現するシステムです。医療事務に求められる速く、確実な請求業務はもちろん、介護保険請求システムをはじめ、電子カルテシステムERや部門システムと連携することで、基本情報や診療情報の共有と業務の効率化を実現します。


1.会計入力速く、そして正確な入力操作を実現。


会計入力では画面配置の分かりやすさと操作性の良さを追求。スピーディーかつ簡単な操作で会計入力が行えます。また、「必要な情報を参照しながら入力できること」をコンセプトに設計しており、算定漏れも防止します。

レセプトコンピューターシステムΣ:会計入力

■算定補助機能

会計入力画面に算定補助情報として、過去の医学管理料などの算定情報と病名を表示。必要な情報を確認しながら入力が行えます。

■コマンド入力機能

略称(コード)を利用し、コマンド欄にレシピ単位で会計項目や数量を連続して入力が可能。Enterキーや十字キーでの改行やカーソル移動の操作が不要なためスピーディーに会計入力が行えます。

■簡易検索機能

略称(コード)入力時に、複数の候補がある場合は一覧表示。略称(コード)が途中までしかわからない場合や、単純なカナ検索としても利用できます。
(例)コード欄に「ガス」と入力すると「ガス」からはじまる薬品や診療行為、部位、セットを一覧で表示。



レセプトコンピューターシステムΣ:会計入力

■キーボード、マウスのスムーズな操作性を実現


過去の会計履歴が参照でき、Do入力はキーボード操作のほかにマウスのドラッグ&ドロップ操作で簡単に 参照している過去データ を複写することができます。

2.多彩な入力支援機能快適な画面遷移とスムーズな操作を実現。


画面ごとに異なるショートカットキーを配置し、簡単なキーボード操作で容易な画面展開が可能です。また入力フィールドに応じた操作ヘルプメッセージがガイダンスエリアに自動で表示されるほか、操作方法がわからない場合はすぐに確認できるようオンラインマニュアルを配備。快適でスムーズな操作をサポートします。

レセプトコンピューターシステムΣ:入力支援機能

■オンラインマニュアル機能

各画面にオンライン操作マニュアルを完備。ワンタッチ操作でシステムの詳しい操作方法を確認できます。

■ガイダンスエリア

ヘルプメッセージにより入力フィールドに応じた操作内容を簡単に把握できます。

■ファンクションキー

簡単操作で容易な画面展開を実現。関連性の高い画面へ直接遷移できます。


3.レセプト業務日々の確認や修正、月末月初の業務負担を軽減。


レセプトは日々の会計入力時に自動で作成され日々確認と修正が容易に行えます。また日々の会計チェックとは別にレセプトチェックソフトとの連携により、レセプト点検業務の効率化が図れます。オンライン請求の対応はもちろん、DPC や労災、新旧自賠責の請求にも対応し、医療施設の請求業務のサポートします。

レセプトコンピューターシステムΣ:レセプトプレビュー

■レセプト訂正


レセプトの内容に修正があった場合でも、ショートカットキーから直接画面へ遷移し訂正することができます。

4.統計資料入力情報の有効活用を実現。


標準提供される集計表以外に、必要となる統計資料を自由に作成できる機能を搭載。X 軸、Y 軸で出力する項目を任意に選択し、オリジナルのマトリックス表が作成できます。また、汎用検索機能では豊富な抽出条件の選択と組み合わせにより、複雑な情報も容易に出力。CSV 出力も可能なため、表計算ソフトを利用した資料作成にも便利です。

レセプトコンピューターシステムΣ:汎用検索

■抽出条件


豊富な抽出条件を組み合わせることにより、欲しい情報が欲しい形で即座に出力できます。

レセプトコンピューターシステムΣ:汎用検索:帳票

5.メディカル介護システムとの連動医療保険と介護保険の請求業務を一元管理。


医療施設向けの介護保険請求システムであるメディカル介護システムと連動します。患者台帳や入退院情報を共有できますので、介護療養病棟から医療保険病棟へ転棟した場合の複雑な請求業務を効率よくスムーズに行うことができ、医療保険と介護保険の請求業務の一元管理をサポートします。

レセプトコンピューターシステムΣ:介護システムとの連動


6.段階的なステップアップが可能レセプトコンピューターシステムΣの拡張性。


ワイズマンのレセプトコンピューターシステムΣは将来的なオーダリングや電子カルテへの拡張が可能です。ワイズマンの電子カルテシステムER と接続することで、電子カルテシステムER で入力された診療情報を会計情報として取り込むことができます。

レセプトコンピューターシステムΣの拡張性


医療・介護連携サービス MeLL+ :メルタス

電子カルテシステムERの導入事例

電子カルテシステム ER 地域別導入事例一覧

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 中部
  • 近畿
  • 中国・四国
  • 九州・沖縄

ページの先頭へ戻る