• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

医療法人 寿康会 寿康会病院 様

副院長 長江 康 先生

使いやすさと規模に見合ったリーズナブルなコスト、要望への迅速なサポート対応に期待して電子カルテシステムERを選択しました。

医療法人 寿康会 寿康会病院

副院長 長江 康 先生

関連製品

ページの先頭へ戻る

導入の背景

病院にとって各科医師と看護師はもとより、医事課スタッフも含めた情報の確実な伝達と共有が不可欠です。電子カルテシステムにより、医師とスタッフ相互の情報共有が可能となることで、指示内容のチェックと確認作業の正確性が高まり、医療の安全性が向上するとともに診療業務も効率化されます。しかも、膨大な情報を正確かつコンパクトに記録して、必要な情報のみを簡単に抽出できます。
また、実施内容が医事課に確実に伝達されることで、診療報酬の請求漏れを減らすことができると考え、2006年の夏ごろから検討を始めました。

ページの先頭へ戻る

選定の決め手

「レセコンと電子カルテシステムとの連動がスムーズであること。導入時期をレセコン導入後に電子カルテを導入できるよう、分割導入が可能なこと。全国的なシェアがあり、運用後の保守に心配がないこと。当院の規模に適したシステムであること。そして、他の機器との接続に大きな問題がないこと...」
これらの理由から、電子カルテシステムERの導入に踏み切りました。

機能面では、患者さんの情報がスムーズに把握できる画面の見やすさと使い勝手の良さを高く評価しました。ひと通りの機能をパッケージ化しながら、病院規模に見合ったリーズナブルなコストも大きな魅力でしたね。

ページの先頭へ戻る

導入後の効果

電子カルテシステムERの導入で、医師と看護スタッフとのリアルタイムで確実な情報伝達と共有が実現されました。
指示の確認・実施というプロセスが確実かつ効率的に行われるようになり、医療の安全性がより向上したことを強く感じています。

また、システムによる指示・実施情報の可視化は、診療報酬を明確化しますから、コスト意識も高まってきています。カルテを「準備する」行為がなくなったことで待ち時間が短縮され、患者サービスの向上にもつながっていますね。IT化に取り組む姿勢が患者様にも伝わって、病院のイメージや信頼度も高まっていると実感しています。

ページの先頭へ戻る

お客様から

200床以上の総合病院などでは、比較的早くから電子カルテシステムの導入が進められていますが、中小規模病院での導入は現段階でも困難な要素が多々あるのが現状です。
導入費用、導入時の人員配置、そして何よりも病院全体が一丸となって取り組まなければ不可能で、メリットよりもデメリットの方が先行します。

当院は、中規模病院としては市内で最も早く電子カルテを導入した病院だと思います。今後は、いち早くIT化に取り組んだ自負のもと、初期のデメリットを超えるメリットを生み出し、それを患者サービスに還元することによって、病院改革が結実すると考えています。

ページの先頭へ戻る

ユーザープロフィール

医療法人 寿康会 寿康会病院

医療法人 寿康会 寿康会病院

医療法人 寿康会 寿康会病院様は、埼玉県南部・川口市にある病院で、「地域医療に貢献する病院」を目指し、質の高い医療サービスを提供しています。
時代の流れとともに変化している患者様や職員のニーズに対応するために、病院改革の一環として、電子カルテシステムの導入をはじめとする院内のIT化に取り組んでいます。

病床数
90床(一般病床 48床、療養病床 42床)
診療科目
内科、胃腸科、循環器科、小児科、外科、整形外科、こう門科、婦人科
住所
埼玉県川口市西青木2-15-10
URL
http://www.jukoukai-hp.or.jp/

製品カテゴリから探す

医療・介護連携サービス MeLL+ :メルタス

100床から200床規模の病院やクリニックに豊富な導入実績のワイズマンの「電子カルテシステムER」は中小規模病院にフィットしたワンパッケージ電子カルテシステムです。

『 電子カルテシステム ER 』 は
全国で 190件 を超える導入実績。
見やすい、使いやすい、充実した機能で導入医療施設 全国拡大中です。

※2016年1月現在


ページの先頭へ戻る