• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

経営理念・企業行動憲章

経営理念

価値あるものを創造することにより、よりよい環境の実現と社会への貢献を目指す。

企業行動憲章

  1. 1.法令・規範の遵守
  2. 2.人権の尊重
  3. 3.健全な企業活動の実践
  4. 4.不公正な取引の禁止
  5. 5.適切な情報の取扱い

行動規範

1.法令・規範の遵守

  • 私たちは、各種法令、社会規範、そして社内規程を遵守し、社会的良識に基づいて行動するとともに、高い倫理観を持った事業活動を行います。
  • 私たちは、市場において良識ある行動に努め、関係諸法令を遵守し、公正、透明、自由な取引を行います。

2.人権の尊重

  • 私たちは、一人ひとりの人格や個性を尊重し、性別、信条、身体的条件などによる差別や嫌がらせを、決して行いません。また、他人がそれをすることを許しません。
  • 私たちは、不当な差別や嫌がらせのない、健康で安全な職場環境の維持に努めます。公序良俗に反する行為、セクシャルハラスメント、パワーハラスメントに類する発言や行為を許しません。

3.健全な企業活動の実践

  • 私たちは、事業活動において関係する取引先の法人や個人に対し、誠実に接するとともに、節度ある健全かつ良好な関係を保ち、不当な要求や便宜供与を伴う取引を行いません。また、過剰な贈答、接待を行わず、受けません。
  • 私たちは、反社会的勢力に対して毅然とした態度で臨み、どのような名目であっても、いかなる利益供与も行いません。

4.不公正な取引の禁止

  • 私たちは、事業活動に関連して知り得た、ワイズマングループおよび関係する取引先の未公表の情報を利用したインサイダー取引を行いません。
  • 私たちは、ワイズマングループの正当な利益に反して、自己や第三者の利益を図る行為を行いません。

5.適切な情報の取扱い

  • 私たちは、企業会計や財務報告の透明化、健全化、適正化に努め、誠実性を持って適切な情報開示を行います。
  • 私たちは、情報セキュリティ基本方針書および個人情報保護方針の内容を理解し、その主旨に基づき、適切な情報の取扱いを行います。

この「企業行動憲章」は、ワイズマングループが、経営理念のもとに事業活動を行っていくうえで、ワイズマングループの全ての役員・従業員(総称して「私たち」という)が遵守すべき行動の規範を定めるものです。

私たちは、この企業行動憲章を理解し遵守するとともに、この規範遵守の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範します。

以上

平成19年 2月 制定
平成21年11月 改訂
株式会社ワイズマン
代表取締役社長 湯澤 一美

ページの先頭へ戻る