• HOME
  • 電子カルテ・オーダリングなど医療向け製品
  • 介護ソフト・介護システムの福祉向け製品
  • 会社情報

事業内容

福祉・医療を中心としたソフトウェア開発のパイオニアとして、常に市場をリードしています。

私たちワイズマングループは、福祉分野と医療分野の事業領域を中心とし、福祉情報システム事業と医療情報システム事業を主要業務とする株式会社ワイズマン、コンサルティング事業を主要業務とする株式会社ワイズマンコンサルティング、ASP/SaaS提供事業を主要業務とするバイザー株式会社から構成されております。

株式会社ワイズマン

福祉情報システム事業

「 在宅ケアマネジメント支援システム 」「 地域包括支援センター支援システム 」 を中核として、様々なソリューションを福祉施設・事業者向けに展開しております。

介護老人保健施設管理システムSP

医療情報システム事業

医療事務の効率化を支援する 「 レセプトコンピューターシステム Σ(シグマ) 」 と診療情報のデータベース化を支援する 「 電子カルテシステムER 」 を中核として、院内業務の効率化・患者様へのサービス向上・医療の質的向上を側面から支援するためのソリューションを医療機関向けに展開しております。

電子カルテシステムER

株式会社ワイズマンコンサルティング

コンサルティング事業においては、地方自治体に対する保健福祉分野などにおける各種調査・事業計画策定に関するコンサルティングを業務の柱としております。

バイザー株式会社

自治体や警察、学校等の公共市場を中心に、高速一斉メール配信サービス の提供事業及び受託開発事業を展開しております。

ページの先頭へ戻る